■千葉県統一テスト

  • 2016.09.26 Monday
  • 23:56
こんばんは♪茂原市の進学塾好学舍&青葉予備校です。
昨日はひさしぶりの晴れに恵まれました。

中3は、月に一度の「千葉県統一テスト」。
土曜日にやれば、生徒にはいいのでしょうが、授業時間は減らしたくないので、先生方にも休日出勤をお願いして、テストをしています。

特に、今回のテスト結果で「三者面談」するので、大切な試験です。
20年以上続く千葉県統一テストは、千葉県標準偏差値で学力診断を行う、他にはないテストです。
千葉県標準偏差値というのは、仮想的に千葉県内の中3生五万人全体の中での順位に相当します。
都道府県標準偏差値が出せるのは、千葉県くらいかもしれません。
平成4年に故鳩山文部大臣(当時)が、「中学校からの業者テスト廃止」を指示して、みんななくなってしまいました。
千葉県だけは、JAC千葉学習塾協同組合が
その資産を残せるように尽力したために、ほぼ同じ価値の千葉県標準偏差値が残されたのです。

ですから、このテストは、本当に価値あるテストです。

中学校の三者面談でも、「塾の先生は、どう言ってます?」
と訊かれるそうです。
これは、平成4年以前なら、あり得ないことでした。

これからも、保護者の皆様に信頼されるよう、努力を続けます。

■入試相談や質問など

  • 2016.09.26 Monday
  • 23:55
こんばんは♪茂原市の進学塾好学舍&青葉予備校です。
今日は、蒸し暑かったですねぇ(^-^;

高3は、月曜は7限がなく早くから来て勉強しています。

月曜は、英語αと英語β。
例年だと、別の日にわけなきゃならないのですが、サッカー部が勝ち進んでいて、早い時間に変更できません(。>д<)

まあ、小さな予備校だから、状況に対応できるのもメリットなのでよしとしましょう。

進路相談も多くなって来ました。
データブックをもとに、どの程度得点が必要なのか、そのためにはどう勉強を進めていったらよいのかアドバイスしています。

電磁気に入り、理系物理の質問が増えてきました。
化学も、ル・シャトリエの平衡移動あたりの理論化学の質問が多くなってきました。

まだまだ危機感が足りないなぁ。

■公立高校進学相談会2017

  • 2016.09.25 Sunday
  • 13:49

 

 


こんにちは♪茂原市の進学塾好学舍です。
ひさしぶりの天気に恵まれた今日は、千葉市生涯学習センターで、午後1時〜4時半まで「公立高校進学相談会」です。

開場は午後1時ですが、スタッフは午前10時に集合して、会場設営、受付準備、誘導の最終打ち合わせなど大忙しです。

以前の千葉市民会館よりは広くて空間に余裕があります。
今年は、2000人の参加者を見込んでいます。

■「やるき」

  • 2016.09.25 Sunday
  • 00:22
こんばんは♪茂原市の進学塾好学舍&青葉予備校です。

今日は、木更津高専のYくんが、ひさしぶりに、小雨の中、中の島教室に来てくれました。

神戸大学に編入が決まったという嬉しい報告でした。
東北大学は、残念ながらダメだったていうことでしたが。
編入先はなんと

理学部数学科

高専からは、ふつうは専門学科に編入するのですが、まぁ異色です。

Yくんは、中二で周期表を暗記してしまった理系オタクです。
中3で進路を固定してしまう高専は、ふつうはあまり勧めません。
留年、中退も多くて、それなりに適性と才能がいるからです。

でも、理系オタクのYくんにはあってるなぁ、と。
長生高校には十分合格できる成績でしたが、本人の希望を尊重しました。
理数科に進学しても、いい線いっていたと思います。
Yくんは、そのまま大学院まで進学希望だとか。
同じ理系でも、数学科の院生は少ないはず。
しかも、工業数学と純粋数学は、かなり別物です。
ぜひ、頑張って欲しいなぁ。

そして、5時半〜は、中3は「英検3級Vコース」の2回目。
来週土曜日は、「数検3級Vコース」がはじまります。
数検3級は、まだ習ってない、「二次関数」「円」「相似」「三平方の定理」などがでますので、先に教えます。

入試に少しでも有理になるように、すべて無料で徹底指導する「ワン・パッケージ」が、進学塾好学舍&青葉予備校の特長です。

やっと本題。
高3生が、LINEで「ぐでたま」の絵を送ってくれました。
訊いたら「今日は、やる気がでないんです^^;」と。

「やる気があるときにやるのは当たり前。やる気がでないときにやることが大事なんだよ」
と返信しました。

「やる気スイッチ」は、確かにあるのですが長続きはしないんです。
気合いののる日もあれば、どうにも気合いの入らない日もある。
だけど、やるべきことはやる。
そう努力することが、結局はやる気アッブになります。
要は、普段の「やる気レベル」を上げていくのです。

例えば、今のやる気レベルがアベレージ5なら、気分によって±3だとします。
しかし、アベレージが8になれば、やる気のでないときでも、現在のアベレージくらいはできるようになるわけです。

人間、気分による上下は避けられません。

アベレージを上げる努力をしないで、「やる気がでない」と嘆いていたって、何も変わりません。

そのためには、まずはやること。
走り出さなくては、目的地に着くことは永久に不可能です。
しかも、なるべく早く。
今、走り出せば、一ヶ月後に走り出すより、期限までに目的地に到達できる可能性が高くなります。

いろいろ考えていたり、悩んでいたりするかも知れませんが、それは単なる言い訳です。

走入ながら、歩きながら、考えましょう。

■明日、9月25日(日)は、公立高校進学相談会

  • 2016.09.24 Saturday
  • 16:18

こんにちは♪茂原市の進学塾好学舎です。明日は、「公立高校進学相談会」です。

場所は、「千葉市生涯学習センター」となります。

JR千葉駅を出て、総武線の下をくぐって道なりにまっすぐ行くと、突き当りがそうです。

1階は千葉市図書館となっています。

公立高校の先生と、学校のこと、入試のことなど直接相談できます。

 

進学塾好学舎の生徒で参加希望者は、「入場整理券」を配布しますので、申し出てくださいね。

■センターまであと110日かあ

  • 2016.09.24 Saturday
  • 00:44
こんばんは♪茂原市の進学塾好学舍&青葉予備校です。

センター試験までの時間がなくなってきました。

問題は、高1、高2生がそのことをどれだけわかっているのか?
たとえば高2だと、修学旅行前。
彼氏、彼女の話などで盛り上がっていることでしょう。
まぁ、青春真っ盛りだから。

一方で、大学受験も、ちょっと気になる。

じゃあどうするか?
部活も大変でしょうが、まずは、勉強時間をつくる、増やすです。


のに、この時期、「できない生徒」は、「環境を変えれば、できる自分になれるんじゅないか?」と幻想を抱きます。

「何か、対して努力しなくても、できる自分になれる方法があるんじゃ」

「これまでサボった分をチャラにできる近道があるんじゃ」

と。
「できない生徒」の皆さんには誠に残念ながら、2000年前の言葉を送るしかありません。

「学問に王道なし」と。

変えるべきは自分です。

時間はお金では買えません。
と、いつもこの時期に思います。

さて、今日は高1、高2、高3。

高3は5時半から。

「国語」は漢文の2回目。
「疑問、反語」。
漢文は、声に出して何度も読みましょう。
すると、「これはないな」と分かってきます。

二時間目は倫理。
倫理は先週からセンター演習。
分かってたつもりで、分かってない事項が演習でアプリ出されます。
そこをつめないと、9割いかない。
復習が命。

三時間目は、現社&政経。
「各国の政治制度」まで。
あと一息で、演習へ。
演習で、不足をいかに丁寧に埋めるか。

千葉大に合格したAくんは、ミスった箇所をルーズリーフにメモして、繰返し覚えたとか。

高3はこの時期、国語、英語、数学、理科基礎、公民は演習でチェックに入ります。

化学、物理、生物の「理科」、世界史、日本史、地理の「地歴」がまだ。

「日本史の模試の点数が2倍になりました」
「よかったね。夏休みの頑張りの成果だね」


「化学の重問(「化学・化学基礎 重要問題集」)が全然進まないんですが」
「重問はまだ早いでしょ。「セミナー」を3周した化学系志願者でも、まだ早い。君は建築系でしょ?」
「セミナーはやってません。学校の先生に相談したら重問をと」
「相談する相手が間違っるよ。まずはセミナーやんな。重問の問題は専門的なので、時間があればやればいいよ」

予備校は、教えるだけが価値ではないんですよね。
現役は時間ないんだから、最短距離の合格への解を見つけることが、大切です。

■また大雨

  • 2016.09.22 Thursday
  • 23:50
こんばんは♪茂原市の進学塾好学舍&青葉予備校です。
今日もまた、大雨で、外房線が上総一ノ宮以南が不通に。
雨ばっかりで、ほんと困りますね。

「秋分の日」の今日は、4階は休み。
5階高3は、2月分授業を先行実施するため、休みなし。

「数学?」が先週で終わり、国公立大学二次などで数学の記述が必要な受験生のための「数学総合」に移行。
文系も参加し、にわかに活気がでてきました。
初回は、私立大学入試などでは中堅もよく出る「確率漸化式(前編)」。

そして「センター演習 生物基礎」。
今日は、遺伝子のあたり。

最後は「センター演習 化学基礎」。
今日は、化学結合など。

「今日の生物基礎と化学基礎はむずかしくなかったですか?」
と受験生。
まぁ、この程度はクリアしましょうよ。

ほんとうに基礎的な有機化合物の命名を文系向けに教えたら、
「そうだったんですか!」
と、感動されてしまったが、今まで質問されたことがなかったので、当然知っているものと。
思い込みは怖い。
やはり、生徒に寄り添って、より丁寧な授業が大切だと痛感。

二階のプレミアム(個別指導)も、休みなし。
自習室も。

今度の日曜日には、千葉の千葉市生涯学習センターで「公立高校進学相談会」。
ほんと、9月以降は、我が家は「母子家庭」です。

■理科の日

  • 2016.09.22 Thursday
  • 00:10
こんばんは♪茂原市の進学塾好学舍&青葉予備校です。

青葉予備校の水曜日は、高3理科の日。

「生物」は、ようやく「植物の環境応答」、植物ホルモンなどです。
種子の発芽で「アミラーゼ」という酵素がでてきて、生徒から「人間の唾液と同じなんですね」と訊かれて(-_-;)
酵素名は「基質+ase」なので、同じといえば同じ、違うといえば違う。
高校生にどこまで教えてよいのか、なやみどころ。

「化学」は、無機の「遷移金属元素」。
ここは、簡単に軌道(オービタル)の説明をして、深入りせずに。
とはいえ、配位結合で、空の軌道の話をしなくてはならないので、難しいところ。
色がいろいろでてくるので、覚えてもらうしかない。


「物理」は、「コンデンサー」。
まだ、電磁気としては、対して公式でてきてないのに、はやパニック。
まもなく、磁気がでてくるので大変。
やはり、物理は理系では何敵。
理系は、物理も数学?もやらなくてはならないから大変です。

考えてみると、「数学?」だけが、センター試験で被ってない。
ある意味、不平等だなぁと思います。
国公立大学の中には、「数学?B」も課さない大学もあり、これまた微妙。
共通一次のように、最低限は公平に課して欲しいところ。

課題は、数学の区切りと、倫理政経かな?
なんか、組合せがおかしい。

僕らの頃の数学?は、現在の数学?Aか、「資料の整理」「整数」を引いて、数学?の「複素数・高次方程式」「図形と方程式」「平面ベクトル」「指数・対数関数」を足した内容だった。(共通一次時代)
今はこれに、「数列」「空間ベクトル」「数列」「微分と積分」をやらねばならないので、文系には過重負担だと感じる。(ちなみに、当時は数列?にさらに「行列」も)

他の教科、科目に大きな変更はないが、国公立大学志望者は大変だなぁ。
逆に、私立大学は、特に私立理系はやや楽になってるかも。

卒業生の話によると、千葉大教育学部は、理科をやってない生徒が増えて大変なことになっているらしい。社会科も。
文科省の変な改革は、マイナスの効果がでているのかも知れない。
「理科はできないけど、英語はできる理科の先生」は、現場では邪魔な存在かも。
3年後の千葉県教員採用試験では、千葉大以外の卒業生が有利かもしれません。

■英検対策実施中

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 18:59

こんばんは♪茂原市の進学塾好学舍&青葉予備校です。

本日は中学三年生の授業の日です♪

通常授業は19:00〜21:25分まで実施していますが、

本日から授業の前に検定対策の授業が始まりましたので、

英検を受験する生徒は17:30からになります。

学校が終わってすぐに塾で勉強をすることになるので、大変だと思いますが

そこは受検生、頑張らなくてはいけませんね。

毎日継続して勉強する習慣はとても大事です。

好学舎では塾生に対して無料で検定対策を実施しております。

入塾や相談などのお問い合わせは【進学塾好学舎】までお願いします。

■台風がいっぱい

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 00:01
こんばんは♪茂原市の進学塾好学舍&青葉予備校です。

17日土曜日は、中3理科の授業です。
中学生の数学担当のS先生が、教員採用試験受験のため、急きょ佐藤先生に変更になりました。
年度途中の変更は、通常あり得ないのですが、事情が事情なので、申し訳ありません。
小学生、中学生の頃は「神童」といわれた優秀な先生なので、いままで以上によい指導ができるものと自信を持っています。

中3理科は、「生物どうしのつながり」。
早いようですが、11月までに中3内容を終わらせないと、高校入試に間に合いません。
当面、10月には、長生高校と一宮商業高校の学校訪問が予定されています。

いや、今週日曜日には、保護者と受験生対象の「公立高校合同説明会」が、千葉市生涯学習センターであります。
是非ご参加下さい。

昨日、月曜は定休日ですが、高3は授業。
生物、化学、物理、英語α、英語β。
2月は私立大学の受験が始まりますから、2月分は先にやってしまいます。
高32月はサービスなんです。

今日は、台風接近。
高1、高2は通常。
高3は、ひとこま繰り上げ。
ので、個別指導指導を引き受け、高2の個別指導を2こま。
「微分の復習」と「円と方程式」。

授業後は、高3生が日曜日の駿台Benesseの模試の数学?Bの「数列」の質問に。
模試の数学の質問は、大体最後の問題なので、質問に答えるには前の問題を解かなくてはならず、時間がかかります。

もっとも、明日以降、同じ問題を質問してくる生徒が多いので、次回からはスピードアップ!

気になるのは、今時は高3は、みんなこういう環境なのか?
模試を受けて、そのままでは意味がない。
分かるまで質問し、かつ、それが自分の合格ラインに必要かどうか、アドバイスを受けられているのか?

ちなみにこの問題は、「捨て」です。
Check

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM