来週から、いよいよ学校が再開になります

2020.05.26 Tuesday

0

    こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。


    昨日、千葉県も緊急事態宣言が解除になりました。

    学校も来週から再開になります。

    ただ、夏休みが茂原市で2週間、睦沢町で3週間(中3だけ2週間)となるそうです。


    3ヶ月及ぶ学校休校で、子どもたちも生活を学校に合わせるのに苦労しそうです。

    不登校が増えて、通信制高校がバンクするんじゃないか、と心配です。


    鹿島学園高校通信制も、ここ数年、7月で定員に達して募集停止になっています。

    さらに早く募集停止になるのではないか、と思います。


    学力差も大きな問題になりそうです。


    進学塾好学舎は、春期講習まで通常授業をして、4月8日からzoomによるオンライン授業にしました。

    このため、例年通りのシラバスで(しかも今年から国語も完全導入)授業が進んでいますので、すでに学校の進度でいうと6月内容まで終わって、これから7月内容に入ります。


    中間テストがなくなるようですから、テスト対策でとまる2週間も授業でき、特に中3は例年以上早く中3内容が終わって、入試対策に入れそうです。


    逆に塾に行っていない子、一部の教科しか選択していない塾に行っている生徒は、3ヶ月遅れとなっていますから、学校のスピード授業についていくのは大変でしょう。


    生活のリズム、学習の遅れによる学力差、どちらも大きな問題となると思います。


    ご心配がある方はぜひお早めにご相談下さい。

    今日も中3生






    理科を得意にするには?

    2020.05.25 Monday

    0

      こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校。


      やっと緊急事態宣言が解除になり、来週から

      対面授業が再開です。

      第二波がないことを祈るばかりです。


      理科は、得意な生徒と苦手な生徒が分かれる教科です。


      中学までの理科は、やはり興味・関心がポイントです。


      高校からはかなり抽象化され、分子レベルでの理解や微積分なベクトルなどの数学的な知識が必要になります。


      なぜだろうという好奇心があると、中学までの理科は得意になります。


      また、身の回りの植物、動物、物質、現象、気象、夜空など、生活のすべてに、興味をもつことが大切です。


      中学までの理科で、そのうちのかなりの部分が解決できたり、そのヒントが理解できるようになるからです。


      例えば、雨はみんな同じ速さで降っているのですが、中3の力の釣り合いを教わると、重力と空気の抵抗が釣り合い、等速度運をするのです。

      これを、終端速度といいます。


      慣性をまなべば、電車やバスで駅で倒れそうになる理由や、ダルマ落としの上手くいき理由が分かります。


      知りたい!という思いがないと、単なる暗記物になってしまい、苦痛ですよね。


      中1なら今の時期、近所の植物や動物。


      中2なら、ホットケーキやカルメ焼きなど。


      中3なら運動(動き)。


      などです。










      令和3年度 大学入学共通テストは予定通り実施へ

      2020.05.24 Sunday

      0

        こんにちは♪ 進学塾好学舎&青葉予備校です。


        読売新聞によると、大学入学共通テストは、予定通り、来年の1月16日、17日に実施されるようですhttps://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/news/20200522-OYT1T50219/


        予想通りです。

        入試をしないと、高3がみんな浪人になってしまい大変なことになります。

        9月から、受検申し込みが始まります。


        高校入試も同様でしょう。


        共通テストは問題がほぼてきていること、大体高2までの範囲であることなどから、出題も変更なさそうです。


        高校入試は、文科省が、中3後半内容は出題しないなどの配慮を求めています。

        もしかしたら、一部単元からは出題しないと発表されるかもしれませんね。










        社会を得意にするには、暗記じゃない

        2020.05.24 Sunday

        0

          こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

          茂原市、長生郡の教育委員会から発表がありませんが、千葉県は各地で来週、再来週からの学校再開が発表になっていますね。


          社会が苦手な生徒は、


          暗記が苦手なので


          ということが多いのですが、実は棒暗記に頼るのはむしろ危険です。


          学生時代から最近まで


          英語は暗記大変だよね。


          というと、英語が得意な人はみんな


          えっ、暗記?暗記なんて、いりませんよ。


          と答えます。


          逆に


          化学ってさぁ、暗記すること多いよね。


          と言われると、


          いや、化学は暗記することなんか、ほとんどないですよ。


          と答えたもの。


          実のところ、「暗記が大変」と思っているうちは、苦手意識がなくならないもの。


          話を社会にもどしましょう。


          例えば歴史。

          中3なら、今は二度の対戦のあたり。


          1914年 第一次世界大戦がはじまる

          1919年 パリ講和会議・ベルサイユ条約

          1929年 世界恐慌

          1931年 満州事変

          五一五事件・国際連盟脱退・二二六事件

          1937年 日中戦争

          1939年 第二次世界大戦はじまる

          1940年 日独伊三国同盟

          1941年 太平洋世界はじまる

          1945年 東京大空襲・沖縄戦・原爆・敗戦


          みたいなのを暗記していては頭がおかしくなる。


          年代で覚えるなら、1894年の日清戦争を頑張って覚えれば、10年おきに1904年日露戦争、1914年第一次世界大戦がスラスラ。


          行く行く1919のパリ講和会議とベルサイユ条約は年代暗記はいらないだろう。


          で、そこから。

          10年後の1929年(昭和4年)の戦争恐慌のあとの事件を芋づる式に引き出す。

          世界恐慌にどう対応するか?

          対応できない国はどうするのか?

          因果関係を理解すると、わかってくる。


          植民地や資源の少ない日本は、それを求めて、満州、中国、マレー半島へ。

          邪魔するアメリカと戦争へ、そして敗戦。


          真珠湾攻撃からわずか半年でミッドウェイ海戦に敗れ、あとは敗戦につぐ敗戦。

          南方の日本軍兵隊は置き去りにされたことがよく分かる。


          要は、暗記より、なぜ?、そしてどうなったの?

          という気持ちの方が大切だ。








          中学数学を得意にするには

          2020.05.22 Friday

          0

            こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。


            中学生の数学は、

            〃彁嗣簑

            計算問題の文章題

            4愎

            た涎舛蛤鄂

            コ領─統計と規則性


            の5分野に分けられます。


            ,論虱娶公立高校入試では30点配点

            中1は正負の計算、文字式の計算、一次方程式、一次不等式。中2は文字式、連立方程式。

            中3は、多項式の展開、因数分解、2次方程式。

            つまり、だいたい1学期の学習内容がこれに当たります。


            まずは、絶対に身につけるべき内容。

            昨年、失敗してしまいました。

            体験にきた生徒が、自己流でやっているので、もっともミスが少なく、つまり、失点しにくい計算方法を指導したのですが、言い方が悪かったらしく、泣き出してしまいました。


            あちゃー


            どの学年め、単に答えを出すのではなく、いちばんはやく、いちばんミスが出にくい方法を伝授しているのですが、自己流にこだわる生徒は、なかなか成果が出にくいです。


            これは、自分の中学、高校時代の失敗や、長年の指導で分かった方法なので、まずは数をこなして身につけて欲しいこと。

            長生高校の理系高3生を見ていても、


            計算が遅いなぁ


            と、思います。それは、正しい、効率的な計算方法が、身についていないからです。

            1学期、大切ですね。


            △蓮国語力がある程度関係します。

            とはいえ、問題文をアンダーラインを引きながら読む、とか、ポイントはあります。

            これまた自己流の生徒は、いわれた通りにやらない。

            だから、なかなか解けるようになりません。

            実は文章題も、解き方の順序通りにやれば、計算問題とそれほど難しさに差はありません。


            文章を見た瞬間に、


            読むの面倒だな


            と思う生徒には、なかなか手こずりますが。


            は、中1の比例と反比例、中2の一次関数、中3の二次関数で2学期内容です。

            関数も、実はパターンがあるので、練習すればだれでもできるようになります。


            しかも、高校数学の大半は関数なので、関数ができないと、高校で数学落ちこぼれになってしまいます。

            高1の二次関数で、理系を諦める生徒のなんと多いことか。

            今の高1の二次関数は、以前は中3内容だったのに。


            解答のパターン化を身につければ、大丈夫です。


            い凌涎舛蓮中1は平面図形と空間図形、中2は図形の計量と証明、中3は円と相似と三平方の定理。

            これは、ヘビーで難敵です。

            中1の図形は、難しいというより面白くてない。

            中2の図形は計量はよいのですが、証明が出てくる。

            証明こそ、算数と数学の違いだと思うのですが、定理を覚えないといけない。

            計算と違った頭の使い方が必要なのです。

            三学期の慌ただしい時期なのでなかなか定理の暗記が間に合わないのです。

            繰り返す時間が必要です。

            今年はコロナで課題学習が長い期間あったので大丈夫かな?


            イ蓮△い錣罎詁の良さが問われるところです。

            情報を整理して、推理して、検証する。

            確率と統計はパターン化できますが、規則性はなかなか。


            数学を得意にするには


            第一に、計算のトレーニングを欠かさない。

            計算がはやくて正確だと、後がラクです。


            第二に、問題文にアンダーラインを引いて、わかっていることと、わかってないことをまずはしっかり区別する。


            第三に、数学は意外にも暗記すべきことが多い。かなり暗記物であることを理解する。


            第四に、パターン化できるものはパターンで、できないものは推理できるように情報を整理する習慣をつける。


            これをシステマティックにトレーニングすれば、頭の良し悪しに、関係なく中学数学は得意にできます。

















            英語は徹底音読と、これがカギ

            2020.05.22 Friday

            0

              こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

              英語が苦手の子は、音読が圧倒的に足りません。

              とにかく、音読を繰り返す。

              できれば、暗唱できるまで。

              もっとも簡単で、もっとも効果的です。


              授業では、


              英文→日本語


              をやります。

              もちろん、日本語を隠して、日本語訳をやる復習はして欲しいのですが、


              最後の決め手は、逆の


              日本語→英文


              です。


              教科書は、シャブリ尽くすことです。


              ワークはその手段のひとつに過ぎません。


              ゞ飢塀颪魏仔匹垢

              教科書を暗唱する

              1冓権日本語を確認する

              て本語→英文をできるようにする


              やることは単純です。

              やるか、やらないか。


              できない生徒は、やらないからです。












              新型コロナ禍の高校入試はどうなる?

              2020.05.21 Thursday

              0

                こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。


                新型コロナの感染がやや収まってきました。


                来週には、千葉県教育委員会から正式に令和3年度の高校入試要項が発表になるでしょう。

                それでなくても、令和3年度は公立高校入試が一本化になる大変動の年。

                この新型コロナ禍でどうなるのでしょうか?


                9月入学も取り沙汰されていますが、実現はなかなか難しいと思います。


                となると、予定通りに実施される可能性が高い。

                文科省は、長引く休校に配慮した入試問題を、といっています。

                しかし、ここ数年は、12月には中3範囲を終わらせて、3学期は入学対応をしている中学がほとんどだったので、6月に学校再開されれば、法定授業時間数だけ文科省が配慮すれば、多分あまり問題ないはず。


                第2波による再度の休校がなければ、2学期に延期された修学旅行も運動会もできる。


                おそらく、教室を2倍使い、市松型にすわるなどして、距離をある程度保てば大丈夫そう。


                問題は第2波が、しかもヨーロッパ型の強毒性のウィルスが流行った場合だが、これは今時点ではなんとも言えない。


                ちなみに、大学入試の共通テストも、本試と追試に受験生を振り分けて実施するのでは。

                例年だと、追試の方がやや難しいので、追試グループになった受験生はかわいそうだが。







                オンライン授業が続きます

                2020.05.20 Wednesday

                0

                  ヤマブキももう花期が終わりです。


                  お代官(だいかん)様、これを。


                  おぉ、ヤマブキ色のよき贈り物。


                  という、越後屋が代官に小判を渡す時代劇。

                  今の子ども達にはわからないんだろうなぁ。


                  今日もオンライン授業。

                  一ヶ月以上、zoomを使ったオンライン授業をしています。


                  千葉県では、公立学校はほとんど皆無。


                  私立高校も、近場を調べてみると、市原中央高校や茂原北陵高校など多くはオンラインに対応できていません。


                  大学は、千葉大の教授(同級生)によると、回線が細くてzoomは使えないので、パワポに音声を載せて映像配信。


                  学校休校でも、進学塾好学舎は、3月はオンライン授業を望むご家族にはオンラインで、4月からはすべてオンラインで授業をしています。


                  オンラインには、いい面、悪い面があります。

                  最大のメリットは、「コロナに感染するリスクがないこと」です。


                  6月から学校が再開したら、対面授業を再開します。


                  しかし、秋から第2波がきたら、すぐにオンラインに戻します。


                  オンライン対応、しなかった、出来なかった塾は、秋以降指導不能になる可能性もあるのでは?


                  あらゆる状況に対応できるのが、









                  オンライン授業が続きます

                  2020.05.20 Wednesday

                  0

                    ヤマブキももう花期が終わりです。


                    お代官(だいかん)様、これを。


                    おぉ、ヤマブキ色のよき贈り物。


                    という、越後屋が代官に小判を渡す時代劇。

                    今の子ども達にはわからないんだろうなぁ。


                    今日もオンライン授業。

                    一ヶ月以上、zoomを使ったオンライン授業をしています。


                    千葉県では、公立学校はほとんど皆無。


                    私立高校も、近場を調べてみると、市原中央高校や茂原北陵高校など多くはオンラインに対応できていません。


                    大学は、千葉大の教授(同級生)によると、回線が細くてzoomは使えないので、パワポに音声を載せて映像配信。


                    学校休校でも、進学塾好学舎は、3月はオンライン授業を望むご家族にはオンラインで、4月からはすべてオンラインで授業をしています。


                    オンラインには、いい面、悪い面があります。

                    最大のメリットは、「コロナに感染するリスクがないこと」です。


                    6月から学校が再開したら、対面授業を再開します。


                    しかし、秋から第2波がきたら、すぐにオンラインに戻します。


                    オンライン対応、しなかった、出来なかった塾は、秋以降指導不能になる可能性もあるのでは?


                    あらゆる状況に対応できるのが、









                    ネット授業(オンライン授業)を続けています

                    2020.05.19 Tuesday

                    0

                      学校休校が続くなか、4月8日以降、ネット授業(オンライン授業)を続けています。

                      さすがにちょっと疲れてきましたが。


                      昨日は木更津のS塾長が、兼業農家として畑で作ったソラマメと新タマネギを届けてくれました。

                      わざわざ、高速代とガソリン代を使って気遣って下さり、本当にありがたいと感謝の気持ちでいっぱいです。


                      時節柄、そそくさと帰ってしまい、本当なら食事なりなんなりでおもてなしくらいしたいところですが仕方ない。


                      3月は休講にして、4月も一部生徒だけ個別にみたとか。


                      6月から学校も再開されそうですね。


                      だから、6月からオンライン授業に切り替える。


                      は?!


                      だって、学校が始まったら、新型コロナ、あぶないじゃないですか。


                      なるほど、そういう考えもある。

                      千葉市は来週から学校再開だそうなので、長生郡市も6月に授業再開と踏んで、6月から通常授業をしようと思っている。

                      そのために、フェイスシールドも準備したし。


                      問題は高校。

                      電車通が多いのがネックだろう。

                      外房地域はここ一ヶ月感染者がでていないので授業再開できそうだが、千葉市や以北ではまだ新規感染者がいる。

                      通学途中での感染リスクが問題だし、逆にこちらから千葉市以北の高校に通うリスクも。

                      バス送迎も、一歩間違えると、全員感染のリスクがあって、再開が難しいかも知れない。


                      なんといっても、首相が緊急事態宣言に先駆けて、3月に学校を閉じてしまった。

                      学校再開には、最低でも緊急事態宣言の解除が必要だろう。


                      塾の中には、解除を待たずに、あるいははなっから、対面授業をしているところもあるらしい。


                      そりゃあ、生徒や保護者にアンケートをとれば、


                      普通に授業をして欲しい。


                      という答えが圧倒的に多いに決まっている。

                      しかし、万一生徒が感染したら、その家族にも広がる懸念がある。

                      さらに、死亡者がでたら、もう、償いきれない。


                      塾が、パチンコ屋のようにバッシング受けるわけにはいかない。


                      マスクやエタノールも、大分普通に流通するようななってきたようだ。


                      第2波が懸念されるが、6月からの通常授業再開を準備する。


                      また、第2波がきたら、オンライン授業に戻り対処したい。


                      緊急事態宣言が解除になった地域をみると、解除になってもかなり人の動きは抑えられているようなので、10月くらいまで大丈夫かも。

                      あとは、寒くなってふだんインフルエンザが流行る季節が問題かもしれない。


                      一ヶ月で振り返すようなら、かなり厳しそうだが。


                      あ、最後に花。

                      これはカタバミ。

                      葉にシュウ酸を含むので酸っぱい。

                      シュウ酸カルシウムは、結石の成分。

                      結石を防ぐには、カルシウムを多くとって、シュウ酸が吸収されないようにすることだそうだ。

                      そういえば、去年の今頃、塾で掃除したあといきなり激痛だった。

                      医師の同級生に電話したら、東千葉メディカルに行けといわれて、家内を呼んで車に乗ったがあまりの激痛で、家内が茂原消防署に行き先を変更し、救急車の東千葉メディカルに運ばれる事態となった。

                      食事のとき、なるべくカルシウムを摂るのが大切なのね。

                      皆さんも、お気をつけて。













                      google-site-verification=2PVpVDl8D4EXKYdG4xFNy7l7MZwDEbBb6SELmAx09pU