将来の自分に必要な学習

2019.04.19 Friday

0

    こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

    先日の天気予報では今日は天気が崩れると言っていましたが、雲がずれたようで蒸し暑い一日となりましたね。

    最近の異常気象のことです、またいつ急に冬の気候に戻るかもわかりません。

    体調には十分に注意しましょう。

    何事も体が資本ですからね!

     

     

    さて、今日の青葉予備校では1、2年生の授業を行いました。

    1年生の英語ではスラッシュリーディングの練習、数学では論証のまとめを行いました。

    2年生の英語では代名詞に焦点を当てた長文読解、数学では、解と係数の関係を扱いました。

     

     

    1年生の数学はいよいよ高校生らしい内容になってきました。

    論証の単元は計算が難しい単元というわけではないですが、日本語で論理的に説明する力が問われます。

    ただこの単元、数学で学習することに疑問を抱く方が多いと思います。

    確かに数学の他の単元と比較すると異質なのは間違いありません。

    ですが実際、役に立つ機会が非常に多いのも事実なんです。

     

    まずは中学校までの数学と高校数学との大きな違いとして、解答を記述で説明することが多くなるというものが挙げられるでしょう。

    それも途中式を書けばいいというものではなく、自分が何の考え方をどこの式にどのタイミングで用いたのかということが採点者に伝わるよう説明しなければなりません。

    自分の解答に至るまでのステップを筋道立てて説明する。

    そうです、まさに高校以降の数学は論理に包含されていると言っていいほど関係性が深く、それが重要になってくるのです。

     

    次に、生徒の中には高校を卒業した後、数学なんか二度と使わないと思っている人も多いでしょう。

    確かに「数学」らしさの濃い関数や図形などは使わなくなってしまう人が中にはいるかもわかりません。

    ですが実際、この単元の内容は多くの人がお世話になることになるのです。

    あまり「数学」らしくないからですかね......?

    私もついこの間大学を卒業したばかりなのですが、大学生活で最も活用した数学の知識はこの論証の単元のものでした。

    レポート、ディスカッションなどの討論、卒業研究・論文を含む数多くの研究、授業中の議論など、一世一代のものから日常的なことに至るまで、さまざまな場面で活用しました。

     

     

    私自身この単元がこんなにも活きてくるとは高校生だった当時は思っていませんでした。

    もちろんみんなが私のようにこの単元に特別な意味を見出すとは限りません。

    あるいは、この単元が大切すぎて感動の涙を流すかもしれません。

    要は今回私が伝えたいことは、「論証」の単元をしっかり学習しなさいということだけではなく、何の学習が大切になるかはまだ知る由もないので、排他的にはなるべきではないということです。

    今日は、小6・中3は全国学力調査

    2019.04.18 Thursday

    0

      こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。


      今日は、文科省の「全国学力調査」が行われました。


      特に、中3の英語で、初めて「スピーキング」が行われました。


      今後、センター試験後継の「共通テスト」でもスピーキングが導入されるテストケースなのかもしれません。


      来年度から、小5から英語が教科となり、プログラミングが必修に。


      「脱ゆとり」以降、センター試験は難化し、子供たちへの負担はあまりに大きいように感じます。

      自分に合った勉強法を見つけよう!!

      2019.04.18 Thursday

      0

        こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

        今日の日中は気温が高くぽかぽか......を通り越して久しぶりに「暑い」と感じさせる陽気でしたね。

        講師の間でも、この間まで冬だったのに春を通り越して夏になってしまったね、と若干皮肉めいた話をしていました。

         

        さて、本日青葉予備校では3年生の理科基礎と数学Bの授業を行いました。

        生物基礎では代謝と酵素、化学基礎では物質の三態と粒子の熱運動、数学Bではセンター試験対策として数列と三角関数の内容を扱いました。

         

        生物本体や化学本体に比べて基礎科目はすでに全員が学校で履修済みです。(本体とは基礎ではない方の呼称です)

        そのためか全員しっかり理解できている......といかないのが現実です。

         

        これまでの「定期テストを乗り切るための勉強」と「入試勉強」は違います。

        一度学習した内容を長期に渡って記憶しておくためにはどうしたらいいのか。

        私の方法は少々特殊でしたが、一応反復練習にカテゴライズされるのでしょうか。

        もちろん方法は人それぞれです。

        自分に合った方法を模索することも大切です。

         

        これは受験生にのみ当てはまる話ではありません。

        1、2年生の定期テストに向けた勉強も言わば入試勉強の練習になっています。

        今のうちから自分に合った方法を見つけれられている人、模索している人が入試勉強にどれだけアドバンテージがあるかは......言うまでもないですね。

        散々いろいろなところで言われているでしょう?

        1、2年生のみなさん、すでに大学入試は始まっているのです。

        ■麦茶サービス

        2019.04.18 Thursday

        0

          こんにちは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

          今日は、5月下旬の陽気だかとか、暑かったですね。

           

          進学塾好学舎では、「買い食い禁止」としていたので、代わりに30年前から「麦茶サービス」をしています。

          やかんでお湯だしした麦茶を冷蔵庫で冷やしておき、休み時間、生徒には自由に飲ませています。

           

          でも、最近は学校も水筒持参になった影響か、塾にも水筒を持ってくる子が増えました。

          小中学校では、原則として、水道水を飲むのが禁止なのだとか。

          なんだか、不思議な現象ですね。

          千葉県統一テストの結果がかえってきました!

          2019.04.18 Thursday

          0

            こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

            今日は、暖かくなりましたが曇天。

            すっきりしませんでしたね。

            なかなか、初夏になりません。


            さて、4月4日に実施した千葉県統一テストの結果がかえってきました。

            ひとりひとり、コメントをつけて返却しています。


            模試の受け方。


             〜肝呂任箸、答えは必ず問題用紙に転記す。

            ◆,修瞭のうちに、自己採点する。

             1週間以内に、解答・解説参照な解き直しして、次回からは絶対間違えないようにする。


            中学生・高校生は、絶対です。

            模試の受けっぱなしは、無駄遣いでしかない。


            模試は、最高の問題集。

            解き直しをしなかったら、価値は0です。

            各々自分の学年に自覚を持って

            2019.04.17 Wednesday

            0

              こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

              今日は一日中ぽかぽか陽気で過ごしやすい天候でしたね。

               

              今日の青葉予備校では、3年生の英語の授業がありました。

              3年生の英語は前半と後半で授業内容を分けています。

              今日は、前半では語彙と文法を中心に、後半では読解と英作文の内容を扱いました。

              入試ではほとんどの生徒が英語を使うことになります。

              そのためか、皆一段と気を引き締めて授業に臨んでいるようです。

               

              そんな必死な3年生に負けず劣らず机に向かって取り組んでいる生徒が何人か......

              青葉予備校では、長生高校の生徒に限らず、希望する生徒は個別指導という形での授業を行っています。

              そんな中、今年から2年生になる個別の生徒のやる気がすごい!

              他の高校生と様子を比べると、もう受験生なんじゃないかと思うほどの自習時間を確保しています。

              皆2年生になって勉強内容の複雑化を感じるとともに、自覚も芽生えてきたのでしょうか。

              自習時間の増加に、試験結果等に対する笑顔が比例するといいですね。

              クォーター

              2019.04.17 Wednesday

              0

                こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

                ようやく、暖かくなりましね。

                冬は股引き(ズボン下)が欠かせません。

                いつから、股引きはいていたのか?

                多分、札幌時代かな、と、

                若い頃は履くわけない。

                札幌の冬は、寒かったので、その頃からの習慣ですよね。


                で、昨晩から、股引きをやめました。


                小4から高3まで授業していると、かなり疲れます。

                ここ10年高3を指導していたせいか、高3が一番楽です。

                高3は、大学入試の厳しさを理解しているので、ビシビシやってもへいちゃら。

                分からないことは、必ず質問してくるので、時間を気にせず教えることができます。


                小学生、中学生は授業中、すみずみまで気を配ってないと。

                しかも、分からないことがあっても気にしないので、授業中はもとより、本当に分かったかチェックしないといけません。


                今年度は、毎日お帰りテストをして、その日ではなく、前回の理解度を確認しています。

                これは、かなり効果的です。


                授業をした日は、確かにできる。

                数日後チェックすると、全然ダメ。

                まさに、エビングハウスの忘却曲線そのもの、


                理解が理解を越えないと。

                 

                アメリカには、クォーターという25セント硬貨があります。


                4枚で1💲。25のわり算では、150➗25=6がすぐにでてくる。

                計算するんじゃなくて、「知ってる」必要があるのです。

                同様に、75の2倍は150。

                300➗75は4。

                計算するんじゃなくて、知ってるるんですね。


                多くの計算は、計算するんじゃなくて、知ってるにしないといけないのです。


                15×15 は?知ってるるんですね。

                知ってないから、数学ができない。

                数学は、暗記もの、なんです。

                ■毎日の積み重ねの差は大きい

                2019.04.16 Tuesday

                0

                  こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                  今日は一日良い天気で、暖かく、気持ちの良い一日でしたね。
                  春は毎日こうだとありがたいものです。

                   

                  好学舎では今日は小4・小5&中2生。
                  中学生は引き続き毎授業時に、
                  前回授業の復習の「お帰りテスト」を実施しています。


                  「お帰りテスト」によって各科目の授業で得た知識を忘れないようにし、
                  またテスト形式にすることで継続した学習習慣をつけることを目指しています。
                  休み時間にもテスト範囲を勉強している生徒も増えて来ました。

                   

                  本日も中1生の保護者の方が、来塾してのお問い合わせがありました。
                  今年は中1生の保護者の方がよく動いています。
                  高校入試も大学入試も試験制度が大きく変わるのが理由の1つでしょうね。


                  中学校に入ってからの差が大きくでやすいのは、やはり英語。

                  これからもその傾向は加速していくと思われます。
                  また、2021年度入試から高校入試が一本化され、

                  英語は60分と試験時間もこれまでより長くなります。
                  現在より、読む、書く、聞く、話すの4技能が試されてくることでしょう。
                  新しい入試に対応していくには、
                  これまで以上に毎日の積み重ねが必要になってきます。

                   

                  中学生は1日15分の復習でも、それが積み重なると結果は全然変わってきます。

                  入試が難しくなるのは分かっていることです、

                  いざ直前になってからでは間に合いません。

                  すでに1年、2年後と先を見すえて動いていくべきですね。

                  勉強の動機は人それぞれ 〜春の課題テストを終えて〜

                  2019.04.15 Monday

                  0

                    こんにちは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

                    先週の不安定な天気とは打って変わって、今週はいい天気が続くようで気分も晴れやかな週明けとなりました。

                    まだまだ昼夜の寒暖差があることに春らしさを感じますね。

                     

                    さて、今日1年生が予備校に着くなり

                    「先生、課題テストが返ってきました。」

                    と、少々興奮気味に話しかけてくれました。

                    というのも、長生高校では、1年生は春休み明けに春休みの課題のテストを行うのが毎年恒例のこととなっております。

                    高校生活初のテストということもあって、皆気を引き締めて臨んだようです。

                    気を落ちつけながら結果を聞いたところ

                    「国語と英語は結構いい点数、数学は......まあまあ?」

                    一様にこのような反応でした。

                    これも毎年恒例の反応ですね。

                     

                    国語や英語は、中学校の内容も課題テストに入れてくれます。

                    それに対し数学は、高校からレベルが一段と上がるのに課題テストではほとんど高校生の内容が出てきます。

                    青葉予備校の生徒は皆、春休み中はよく勉強に課題に頑張っていたと思います。

                    しかし、それでも結果は生徒の反応の通りです。

                    私たちは、この結果を受けてもっと勉強に励んでほしい、危機感を持ってほしい、そう思っております。

                    きっと学校の教員もそう考えていることでしょう。

                     

                    そんなことを考えていた今日の青葉予備校の授業では

                    1年生の英語は5文型の復習と自動詞と他動詞、数学では論証の単元へと進みました。

                    2年生の英語は第4、5文型と文型による意味の違い、数学では複素数と二次方程式の関係の単元を進めております。

                     

                    1年生は今日、2人が体験授業として授業に参加してくださいました。

                    前の単元を学習していないため、いきなり先の話をされて混乱することもあったでしょうが、(もちろん、できる限り説明や確認を入れるなどのフォローはしましたが)

                    2人ともしっかり話を聞いて、時にはメモをとりつつ問題に取り組んでいました。

                     

                    また、英語では単語テスト、数学では既習事項の確認テストを毎時間行うようにしています。

                    生徒は皆とても熱心に予習をしていますが、特に今年の1年生は、予備校に到着するなり、皆一様に単語テストの予習や数学の復習に励んでいました。

                    その甲斐あってか、1年生は春期の復習をしても確認テストをしても非常に出来がいい。

                    そんな様子を見ていると課題テストの結果も私たちが望む良い方向に影響を与えているのかな、と思えてきます。(毎年この段階ですでにいずれかの教科への心が折られてしまう人も珍しくはないので......)

                     

                    周りが皆やっているから、自分もやらないとまずい。

                    人によってはそのような動機かもしれませんが、勉強の動機には十分です。

                    そんな感覚を日頃から感じられるのも、意識の高い生徒が多く集まる青葉予備校の魅力ではないでしょうか。

                     

                    ■今日は、中学校は「授業参観」と「保護者会」

                    2019.04.13 Saturday

                    0

                      こんにちは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

                      今日は、久々にポカポカ陽気になりました。

                       

                      茂原市内、長生郡の各中学校では、午後から「授業参観」と「保護者会」が行われています。

                      午後一時、中学校に行ってきました。

                       

                      中2の「英語」は、若い女性の先生で、All Englishに近い(80〜90%くらいは英語で指示)授業で、学校らしいアクティブラーニングを活用した授業でした。

                      しかも、先生以外にも2名の補助がついています。

                      かつての中学校とはだいぶ違っていますね。

                       

                      実は、小学校で英語教育(外国語活動)がはじまったとき、とても懸念していました。

                      中学校3年間だけど、英語の能力に大きな差ができてしまうのに、小5から英語をスタートしたら、中3になるころには雲泥の差がつくのではないか…と。

                      実際、今年の中1を見ると、出身小学校別にかなり大きな差が認められます。

                       

                      小学校の英語では、全部先生が日本語で指示を出して、ゲームのようなことをしていただけという小学校。

                      中学入学までには少なくともアルファベットの読み書きを完全にしてから進学させようとしていた小学校。

                      小学校ごとにあまりにも2年間の達成度が異なり、「英語であいさつ」「英語で簡単な指示」さえ指導を受けていない生徒が結構いるのです。

                      今度は、小3からになります。

                      国の方針が、学校現場にマッチしていない気がします。

                       

                      この差を、中学校の英語の授業で埋めるのは、難しいように思われます。

                      「だから、塾や英会話教室に行くのだろう」

                      と思う人は早計です。

                      今の小学生は、「水泳」「サッカー」「ピアノ」「習字」…など、習い事のオンパレード。

                      あまりに「あれもこれも」の状態になっているように思います。

                       

                      隣のクラスの中2の「数学」は若い2年目の先生。

                      授業ノートにくびったけで、「2a+3b-4a+5b」のような同類項の計算をほぼ1時間かけて。

                      中1で、「文字式」と「方程式」の計算をやっているので、「aとa^2は同類項ではないよ」ということをポイントにした方がよかったような。

                      実際、一番前の席の男子生徒は、黙々と一人だけワークを進めていました。

                      きっと、できる子なんでしょう。

                      授業スピードが遅くて、飽きてしまっているようでした。

                      まぁ、「塾と学校では授業展開が違う」といわれればその通りなので。

                       

                      逆隣のクラスの中2は「国語」。比較的若い女性の先生。

                      漢字について、「形声」「会意」「指示」「象形」などとその成り立ちの授業をしていました。

                       

                      生徒たちは、基本的に私語をする生徒もなく、落ち着いて勉強に取り組んでいました。

                      素晴らしい。

                       

                      帰りがけに校長と話をして、「兵庫県明石市の中学校で授業時間が不足していた問題」にふれて、「中学や高校で法定授業時数を確保できるいるところあるのか?」という話題に。