■地学基礎・地学

2018.07.03 Tuesday

0

    こんにちは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

    今日も猛暑。毎日こればっかです(>_<)

    午後に移動のときに、年一回の役所めぐりをしてきました。

    長生支庁→茂原市役所→長生支庁

    で、一時間。ほんと、面倒くさいです。

     

    さて、青葉予備校では、2年に一人くらい「地学科」志望者がいます。

    今年もひとり。

    高2の理科基礎選択では、「究極の選択」になってしまいますが、やはり「地学基礎」はおすすめできません。

    とはいえ、「地学科」志望者だけは、「地学基礎」を選択するに決まっています。

    そして、今年度は長生高校も、高3で「地学」が開講されているようです。

    (希望者が少ない場合はどの高校でもその科目は開講されません)

    さすがに、面倒なので、「テキストを今年は作ろう」と手を出してしまい、4・5・6月と三か月かかってようやく完成。

     

    なんといっても、現行の「地学」の教科書は2社しかつくっていません。

    内容を見比べ、入試問題も参考にしながら過不足ないものをつくるのは大変です。

    問題集も、啓林館の「センサー」のみ。

    旧課程の「地学機廖崔漏忰機Ν供廚了温予颪覆匹盡比べながら。

     

    これが、「生物」「化学」「物理」にはない、「地学」の特殊性です。

     

    市販の参考書でも、「地学基礎」はあっても、「地学」は全然存在しない、超マイナーな科目なんですね。

     

    それでも「就職無理学部」(無・理学部=無理・学部)といわれる「理学部」の、それも超マイナーな「地学科」に進学しようというのですから、ある意味チャレンジャー。

    青葉としては、応援するしかないです。

    ちなみに、浪人生になって大手予備校に行っても千葉県内の教室では「地学」は開されておらず、東京の一部の教室に「地学」だけ通わなくてはいけないそうです。