■冬期講習後半、基本の見直し

2018.01.06 Saturday

0

    こんばんは♪
    茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

    昨日は低気圧の影響で千葉県でも雪が降り、とても寒かったですが、

    今日は気持ちの良い快晴の一日になりました。

     

     

    高校生の地理ではセンター試験の模擬問題を実施

    センター試験では注にヒントが隠されていたり、注を読まないと解けない場合が多いです。

    そのため注や地形図の縮尺を必ず注意して読むよう強調しています。

    センター本番まであと一週間と近く、基本的なことを忠実にすることを確認。

    正文を探す問いに対して誤文を探して答えてしまうようなことが無いように、問いの見直しも大事。

     

     

    中3生は、入試形式に徐々になれてきたようです

    時間配分を気にし、時間をかけないで解けるところから解くようになってきました。

    30字程度の記述式の問題では、下書きの書き方や、文字数調整の仕方などを指導。

    資料の読みとりなどもメモや計算をする癖をつけるように指導しています。

    中学生も前期試験まであと1ヶ月ちょっとと残りわずか。

    知識や解法などの指導もそうですが、見直し等の試験の取り組み方の基本もとても大事です。

    受験生は問題に慣れてきたり、また疲れがたまってくる時期です。

    そうすると単純なミスが起こりやすくなります。

    そういったことが起きないよう、直前だからこそ基本の確認。

    本番でも実力をフルに発揮出来るよう、引き続き指導してまいります。

    コメント
    コメントする