■今後の千葉県公立高校入試は

2018.03.05 Monday

0


    こんばんは♪

    茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

    今春の千葉県公立高校入試で、初めて後期入試の方が前期入試より難しくなりました。

    思うに、昨春の「幕総事件」と、3年後の公立高校入試一本化が関係しているのでは。

    前期入試では、2日目入試の配点が高い。
    ので、平均点が低いと、相対的に2日目入試の影響が大きくなる。

    今春のように、前期入試の平均点が300点近くになれば、2日目にいくら加点しても合格ラインに届かない受験生を排除できる。

    という、学力重視の姿勢の現れではないか、と。

    過去の千葉県公立高校入試の歴史を振り替えると。

    30年度前は、「推薦入試」があり、生活推薦と部活推薦があわせて5パーセントでした。

    おかしくなったのは、推薦枠を10パーセントに増やしてから。
    「うちの子は推薦されないのに、なんであの子が?」
    というクレームが中学に殺到。
    まさに、合法的裏口入試に。

    その後、「推薦入試」は、「特色化選抜」に。

    今度は、進学校を中心に、「独自問題入試」に。
    すると、出題ミスや問題集や過去の問題などとの重複問題のチェックが課題に。

    そこで、前期・後期入試に。
    進学校を説得して独自問題をやめさせるため、入試問題が難化。
    一時は平均点も225点。 

    当然、進学校以外は入試問題に対応できないから、面談などを重視し、またまた合法的裏口入試に。

    入試の公平性担保の声に、次第に問題が易しくなる。
    一方で「特色化の流れをくむ」とされた前期入試で合法的裏口入試が続き、昨春の「幕総事件」に。

    生徒や保護者や我々にも、合法的裏口入試が分かってるのに。
    何を今さら。

    仮説が正しければ、来春の前期入試では、2日目入試の配点が低くなるか、今春同様に後期入試より前期入試の方が難しくなるはず。
    受験生は、かわいそうです。
    コメント
    いつもブログ拝見しています。今年度は後期入試が1時間繰り下がってアナウンスが不徹底だった学校もあり数学が終わって「昼食です」ということで「えっ!?」となった生徒もいたようです。先生の仰るとおり後期入試を難化することで3年後の1本化で上位校の差がつきやすいようにしているのではと感じています。あさっての発表はどうなるか心配です。
    • by naka
    • 2018/03/05 3:13 PM
    こんにちは。はじめまして、nakaさん。

    ほんとに先行き不透明ですね(^^;

    とりあえず、7日の合格を待ちたいです。
    • by Yossy★
    • 2018/03/05 3:37 PM
    コメントする