■中3の数学、理科、英語

2018.05.12 Saturday

0


    こんばんは♪

    茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

    最近は、中学校の授業進度が、だいぶ早くなってきました。

    生徒に確認すると、

    中3数学は「因数分解」。
    睦沢中はすでに、「複雑な因数分解」で、まもなく「平方根」に入ります。

    理科は、まだ「記録タイマー」のあたり。

    英語は、昨年までの、1.5倍の速さだそうで、「塾で習っているからなんとかついていけるけど、塾に行ってない生徒には大変そうだ」と生徒が。

    小6と中3について国の行う「学力試験」で、未履修の中学校があり、報道されました。

    これをうけて、文科省は「学年配当は、必ずその学年で教えるように」と通達がでました。

    このため、理科や社会で、中2までにやるべき内容を中3に先送りしていた中学校が授業ペースをはやめました。

    これは、理解力の高い生徒には、ラッキーでした。
    一方で、ゆっくり理解タイプの生徒は、なかなか学習内容が飲み込めないかも知れませんね。

    スポーツ省の通達で、部活時間が少しは減りました。

    この時間をどう有効に使うか。

    もちろん、休養は大切です。

    一方で、これまでやりにくかった家庭学習の時間をとりやすくなりました。

    ちゃんと家庭学習する生徒と、やらない生徒との学力差はいよいよ大きくなります。

    しかし、家ではなかなか勉強しないのも事実。

    進学塾好学舎には、「自習室」があります。
    わからいときは、先生に質問もできます。
    塾に、授業のときだけ行くのではもったいないし、成績も伸びにくい。

    例えば、「ノー部活デー」は、二時間塾で勉強する。

    やるべきことを、確実にやれば、成績は伸びます。
    塾の「授業だけ」では、限界があります。

    あらゆる面で、塾を活用してこそ、成果が上がります。

    そして、私達は、もっともっと塾を活用して欲しいと、休みも返上して、生徒を待っています!


    コメント
    コメントする