■2015年度千葉県公立高校前期選抜入試平均点予測

2015.02.19 Thursday

0
    前期の合否結果がでてるのでもういいのでしょう。

    千葉県統一テストによる「県標準偏差値」と、「自己採点結果」の相関図です。
    自己採点には、国語の作文と英語の英作文の合計20点が入っていません。
    それらを昨年度までの正答率などから修正すると、2015年度千葉県公立高校前期選抜入試の平均点は

    270±5点

    と推定されます。(昨年度251点)
    「数学が難しくなって理社が易しくなったから○○点くらいかな?」といったあてずっぽうで予想しているのでありません。
    後期の方が、前期で抜けた分の修正が必要になるため予想が難しくなります。
    ただし、合格ボーダーは志願倍率による効果もあるので、その分の修正が必要となります。
    それでもおおむね、結果は予想通りになっているのではないでしょうか?
    コメント
    Yossy様

    こんにちは、CVLENGです。

    なかなか面白い、貴重な資料ありがとうございます。
    データ好きとして非常に興味深いです。

    当方、千葉県北西部在住かつ関西出身なので、「千葉県統一テスト」というのが良くわからないのですが、千葉県南部での模擬テストですか?

    だとすれば、推定平均点にズレが生じる要因としては、塾にも行かず模擬テストも受けないような、分析のサンプルが少ない偏差値40以下の受験生達がどうだったかによるという感じなのでしょうか?
    例えば、今回の問題が、下位層の子供達まで解き易くなるほどの難易度低下ではなかった場合は、偏差値40以下の母集団が下の方にたまって、線形近似の直線の原点側が下に引きずられるようになるということですかね?

     実際の分析手法がわからないので、いい加減な推測ですが、相関図からの分析ということで想像してみました。

     わが子については、少し立ち直ったようで、後期に向けて頑張る気になったらしいです。

     結果がどうなろうと、あと10日ほどで受験は終わりますので、わが子が少なくとも3月まで勉強するいい機会になったと思って見守っていこうと思います。

     私は特に公立にこだわりがあるわけではありませんので、本人のやりたいように思う存分戦ってもらいます。
    • by CVLENG
    • 2015/02/19 11:05 PM
    おはようございます、CVLENGさん。

    千葉県統一テストは、平成4年に、当時の鳩山邦夫文相が「中学校からの業者テスト撤廃」を指示したとき、県内の学習塾組合がはじめた模試です。
    現在では、Vもぎなどを実施している進学研究会、Sもぎなどを実施している総進図書と提携して実施しています。(現在では中学校でも「実力テスト」として実施していますね。校納金として学校に納めていませんか?名目は教材費です)
    詳しくはいえませんが、千葉県標準偏差値は、県内の全中学生が受験したとして、各人の偏差値を算出したものです。
    よって、千葉県標準偏差値の偏差値50は、(前期では)私立単願を除いた平均値となります。

    後期入試まであとわずか。
    受験体験がお子さんの今後の人生の糧となるといいですね。
    • by Yossy
    • 2015/02/20 9:25 AM
    コメントする

    google-site-verification=2PVpVDl8D4EXKYdG4xFNy7l7MZwDEbBb6SELmAx09pU