今日から、2020年の授業がはじまりました

2020.01.05 Sunday

0

    こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

    喪中のため、新年のご挨拶を自粛させていただいておりました。


    今日から、2020年の授業がスタートしました。


    千葉県私立高校入試、センター試験まで3週間をきりました。

    例年通り、全力で応援いたします!


    年末年始は、数カ月ぶりにお休みをいただくことができました。

    ようやく体も心もリフレッシュできました。


    喪中なので、初詣も神社ではなく、寺院に。

    初日の中3は、明日の「千葉県統一テスト」、明後日の「実力•評価テスト」に向けての対策を。


    千葉県公立高校入試では、大問1の計算で30点。

    大問2の小問で30点。

    ノーミスなら、これだけで60点。

    大問3の関数、大問4の図形、大問5の規則性の問題も(1)はやさしいので、解ける。

    ので、60点から80点はとれるよ、という説明と実際に、問題練習しながら得点のポイントを伝授。


    社会なら、「鉱産資源の産出額」とか「日本の鉱産資源の輸入先」、「都道府県別の農産物生産額」など、地図帳の巻末資料をもとに確認したり。


    今日の授業で明日の千葉県統一テストに備えて、しっかり復習準備す。


    明日、テストを終えたら、自己採点とミス直し、覚え直しをして、学校の実力•評価テストの備えをする


    ことを、しっかり指示。

    中3も、やっと受験生らしくなり、今日は5分以上前に全員集合。


    年末に出した数学の宿題も、


    [3]がどうしても分からなかったので、受験中に解説して下さい!


    と。

    その成長に感動しました。

    まさに、理想的です。

    そうでなくちゃいけない。

    勉強は、天下りに教えられるものではなく、知りたい•分かりたいことを、自ら求めるものだと思うから。


    2020年。

    生徒たちが育ってきました。

    3月からボクが手塩にかけて育てた生徒たちが、理想的な形で育ってきました。

    素晴らしい!


    もちろん、高校生、中2以下の生徒にも伝わっているはず。


    自ら求めて学ぶ生徒。

    それは、進学塾好学舎&青葉予備校が求める生徒像であり、そうなれば、大きく伸びます。


    読者の皆さん、本年もよろしくお願いします。

    拙い表現でご不快な思いをさせてしまうことがあるかもしれませんが、ボクは、表も裏もない。

    皆さんのご多幸を、祈りながら意義ある記事を紡いでいければ、と思います



    コメント
    コメントする

    google-site-verification=2PVpVDl8D4EXKYdG4xFNy7l7MZwDEbBb6SELmAx09pU