新型コロナウィルスのパンデミックに対処

2020.02.14 Friday

0

    こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

    今日は暖かかったですね。

     

    東京、横浜、千葉などに新型コロナウィルスの感染者が出たようですね。

    「パンデミック」という言葉は、生きているうちには聞きたくなかったですが、おそらくむりでしょう。

    一応、ウィルス感染学は専門ではないのですが、免疫生化学をかじった者としてアドバイスを。

     

    その マスク

    ウィルスは最近より全然小さいから、マスクは通り抜けます。

    医療用マスクだって、ウィルス対策してあって頻繁に変えるのでしょう。

    ウィルスの大きさの空間にしたら息ができないはずです。

    でも、マスクは有効です。

     

    まず、マスクの掛け方が間違っている人がいます。

    ○ひもの接着めんは外側に

    ○マスクのだんだんは下向きに

    時間があったら写真つきで説明します。

     

    なんでマスクは、有効なのか?

     

    高1の「生物基礎」で習うように、我々の身体の表面は死細胞(あか)からできています。

    ウィルスは、死細胞には感染できないのです。

    だから、手や足についても大丈夫!

    問題は、それを目や口、鼻に持っていってしまうこと。

    マスクやゴーグルがあればこれが防げます。

     

    我々は、毎日お風呂やシャワーで身体をよく洗います。

    ウィルスや細菌は落ちます。

    しかし、残ったウィルスは、体内に侵入しやすくなります。

     

    発展途上国の人より、日本人が感染症にかかりやすいのはこのためです。

     

    マスクは大きめのよりは小さめの方がよいそうです。

    大き目だと、横にすがあいて、ウイルスが入り込みやすくなるそうです。

     

    ⊂弾

    塾でも、机やドアをアルコール消毒しています。

    物に付着したウイルスはインフルエンザウイルスで2日、今回の新型コロナウイルスは3日程度生きているそうです。

    新型コロナウィルスは、エンベロープ(さや)を持ったRNAウィルスだとか。

    エンベロープを破壊すれば死滅します。

    エンベロープは、アルコールや石鹸で壊せます。

     

    石鹸は、そのままではダメ。

    泡立てると、泡と接しているところを綺麗にします。

    ゴシゴシ擦ってもダメなのです。

    まずは、よく泡だてて、小さな泡がたくさん立つようにします。

    それから皮膚に。

    接している面、界面を綺麗にし、ウィルスのエンベロープも破壊します。

     

    かつて、インフルエンザが、香港カゼ、ソ連カゼと言われて日本で流行って、たくさんの死者が出たそうです。

    おそらく、今回は、ブカンまたはウーハンカゼと言われるのでしょう。

     

    しかし、高校の「生物」の教科書に出てくる「PCR法」がこんなに一般的に知られるようになるとは…

     

    友だち追加

    コメント
    コメントする