■夏休みの課題

2017.08.10 Thursday

0


    こんばんは♪ 茂原市の青葉予備校です。
    今日は、暑かったですねぇ。
    体温越えの気温でした。

    さて、「夏休みの課題」、ネックですねぇ。
    我が家の小六の三男。
    ワーク類はいいんですが、絵画、作文、自由研究が重荷です。
    「読書感想文」なんて、一種の書評であって、子供には無理だしむしろ有害だ、と、故丸谷才蔵もいってます。

    長生高校の高2は莫大な夏休みの課題がでていて四苦八苦しています。
    7月のうちに終わらせるように指示を出して、毎日教室を開けてあるのですが、部活が忙しくて終わっていない生徒も多い。

    高1は、だいたい例年くらい。

    問題は、「データの分析」のプリントです。
    「データの分析」は、センター試験でも出題される重要な単元ですが、例年は課題で終わり。
    今年の長生高校1年は例年よりかなり進度が遅いです。
    ので、「データの分析」は、課題で終了かもしれません。

    後半の、分散・標準偏差・共分散・一次式による変換は、前の数学Bにあったかなり高度な内容。

    質問にくる高1も増えています。
    自学には、限度があります。
    一次式による変換は、「青チャート」にも載っていません。

    だからこそ、青葉の存在意義があります。
    夏期課題をしっかりやらせて、二学期につなげます。
    今年の高1、ちょっぴり不安ですが。
    もしかして、今の高3以上に問題学年になるかも。
    進学校の生徒の自覚が足りない気がします。

    このまま放置したら、大学入試は悲惨だなぁ、と。
    9月始めには「スタディ・サポート」。
    そろそろ、「今のままではまずい」と自覚して欲しいところです。
    コメント
    コメントする