■GW連休

2015.05.01 Friday

0

    おはようございます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
    今日は7月上旬の天候だとか。
    暑くなりそうです。
    Merix教育グループは、4月29日〜5月6日まで、GW休業とさせていただいたいます。
    年間予定表、月間予定表等でお知らせしてありますが、ご確認ください。
    高校生は休み明けはいよいよ中間試験(前期〇邯)です。
    一年間でもゆっくり休めるのはこの時期だけです。
    とはいえ、昨日は玄関タイルの修理、今日も業者がくるので一時出社です。

    さて今日の「春の野草」はオオイヌノフグリです。
    可憐な花なのに、ずいぶんな名前をつけられたものです。
    小4の国語教科書(光村版)は「ケルルンクック いぬのふぐりがさいている…」という詩が載っています。
    三男も家内といっしょに植物図鑑を調べたところ、オオイヌノフグリとは別に黄色の花を咲かせるイヌノフグリという野草もあるそうです。あんまり見たこととないなぁ…
    詩にでてくる花は、当然この水色の花だと思い込んでいたのですが、もしかしたら作者がイメージしたのは黄色い花の方かもしれませんね。

    ■「希望の木」(東京法令)

    2015.04.30 Thursday

    0

      おはようございます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
      GW2日目となりましたが、天気が今一歩ですね。

      昨日は連休初日ではありますが、塾組合の「テスト部(千葉県統一テスト担当者)」の会合があるということで、九十九里町に行ってきました。
      そこで、偶然、東京法令で「希望の木」(上の写真)の編集者とお会いして、発売前の絵本を読ませていただくことができました。
      大変すばらしい内容で、私も発売されたらぜひ購入しようと思いました。
      5月11日に発売で、5月16日には陸前高田市長らの参加する発売記念イベントもあるそうです。
      ●東日本震災復興支援「DVD付き絵本 希望の木」のウェブサイト
      ●アマゾンの購入サイト

      千葉県統一テストはJAC千葉学習塾協同組合[千葉県知事認可団体]が主催し、進学研究会・総進図書と提携して行う、千葉県内最大級の母集団をもつ、高校受験用も模擬テストです。
      文科省(当時文部省)が、中学校からの業者テスト撤廃を指示した平成5年から続く信頼性の高いものとなっています。
      受験会場は県内のJAC加盟の学習塾等です。
      テストの問題は、千葉県公立高校入試に沿ったものとなっており、成績は千葉県標準偏差値で学力判定・高校合否判定を行うのが特徴です。

      ■2015千葉私立中学進学フェア

      2015.04.28 Tuesday

      0

        おはようございます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
        今日は朝から気温がぐんぐん上がり初夏というより盛夏の陽気ですね。
        わたしも、今年初めて制服の青いポロシャツで出勤しました。

        さて、来る6月21日に表記のようなフェアが実施されるそうです。
        千葉県内も私立中学校がずいぶん増えたものですね。

        県立千葉中は、どうもあまりうまくいっていないようです。
        これといった実績も出せず、中学から入学した生徒の半数は落ちこぼれ状態という噂です。
        (実際はどうなのか興味があります。ただ千葉高の大学進学実績が目覚ましく向上した…ということはないことから判断して税金の無駄遣いという気がします。全国的に見ても公立中高で成功した例は聞いたことがありません。)
        勢い、私立中学へ小6生が流れている傾向でしょうか。

        興味あるかたはぜひ足をお運びください。
        (千葉県私立中高協会主催行事です)

        ■長高授業公開

        2015.04.27 Monday

        0
          昨日、茂原地区の塾組合メンバーの会合があり、長生高校から公開授業の案内が届いていたとの報告がありました。
          長高を希望する中学生や保護者の皆さんも参加可能だそうです。

          ●5月23日(土) 午前8:45〜12:15

          なお、その他学校説明会等は
          7月11日(土) 文化祭(長高祭)一般公開
          8月18日(火) 中3生対象学校説明会
          8月19日(水) 中1、2生対象学校説明会
          となっています。
          高校の授業の様子を肌で感じるよい機会です。
          ぜひどうぞ。

          ★なお、進学塾好学舎の生徒、保護者で参加希望者がいましたら、塾長までお問い合わせください。

          ■2015大学進学相談会

          2015.04.27 Monday

          0

            こんばんは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
            今日は汗ばむような陽気でした。ようやく初夏の気配です。

            さて、約1か月半後の6月14日(日)、京葉銀行文化プラザ(JR千葉駅から徒歩3分)に今年も「大学進学相談会」が開かれます。
            数日前、高校の同級生から「千葉駅前で行われていた、大学説明会に、ことどもと参加し、おかげで、彼の大学で勉強したいというモチベーションが向上しました。」とうれしいメールをいただきました。
            お子さんも無事、千葉大へ合格されたそうです。
            部活の試合の兼ね合いもあると思いますが、ぜひご予定に入れておいてください。

            ■入試結果報告会

            2015.04.24 Friday

            0

              おはようございます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
              今日は初夏の陽気ですね。天候がよくなればよくなったで、雑草との戦いがはじまります(^^;

              今日の春の野草は「ノゲシ」です。
              キク・タンポポのなかまですが、葉には棘があって、アザミに似ています。
              花はアザミは紫色ですが、ノゲシはタンポポによく似た黄色い花です。
              花が咲いたあとは、綿毛になるところもタンポポに似ていますね。

              さて、今日は午前中から千葉市で、模擬テスト会社による「高校入試結果報告会」があります。
              今回は中川塾長が出席して情報収集をしています。
              塾の授業は夕方からなので、「昼間は何をしているの?」と思われる方もいるかもしれませんが、結構(かなり)多忙です。
              中3生対象の保護者会への準備もスタートします。

              ■スタサポ

              2015.04.22 Wednesday

              0

                おはようごさいます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                4月は本当に雨が多くていやになりましたが、ようやく天候も回復し、GWはすっきりしそうですね。

                今日の「春の野草」は、「ナガミヒナゲシ」です。
                4、5年前から、あちこちにはびこり出した外来生物で、春から秋まで咲いています。
                帰化植物としてはセイタカアワダチソウ(黄色い花を咲かせる背の高い草で、ススキと覇を競っていますね)が有名ですが、最近はこのナガミヒナゲシが多くなっているようです。

                さて、長生高校の1、2年生は先週土曜日にベネッセのスタディーサポートを受験していました。
                現在、ほとんどの普通科高校ではこの時期にスタディーサポートを実施しているようです。
                1年生は、高校に入ってはじめての試験でしたが、過去の傾向を見ると、4月の結果は高校入試の結果とほぼ同様になるようです。
                試験範囲が中学内容ですから、入試で上位の生徒は上位に、下位の生徒は下位の結果がでます。

                問題は、夏休み明けの第2回です。
                第2回は高1範囲からの出題となりますから、第1回とはかなり順位に入れ替えが出ます。
                第2回でUPしていれば、順調に高校生活がスタートを切れたということであり、逆ならば2年半後の大学入試結果に暗雲が垂れ込めます。

                同様に、5月に行われる前期中間テストは重要です。
                生徒には「必ずクラス順位1ケタをとれるように試験準備をすること」とつねづねいっていますが、長高の大学合格状況を見ると、このランクでなければ国公立大・有名私大へ合格するのはかなり難しくなるからです。
                「はじめよければすべてよし」
                高1のスタート(中学生なら中1ですね)は、ほんとうに大事です。

                ■部活と勉強の両立

                2015.04.21 Tuesday

                0

                  おはようごさいます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                  昨晩は風雨が激しかったですが、今日は雨もやみあとはお日様が顔を出すのを待つばかりですね。

                  さて、今日の「春の野草」はカタバミです。
                  クローバーに似た三つ葉をもっていますが、花は黄色の離弁花です。

                  僕が中1の理科の授業で、カタバミの話がでてきましたが、同級生は全員”?”。
                  「校舎のわきに咲いてます」
                  「よし。お前とってこい」
                  ということで、理科室からかけでしてとってきたのを思い出します。

                  閑話休題。
                  中学生や高校生も部活がはじまり、ヘトヘトという生徒もいます。
                  勉強のできない子に限って、勉強をサボる理由として部活をあげるのには困ります。
                  実際、昨年夏にインターハイに出場したAくんは、その後勉強しまくって、見事現役で国立大への合格を決めました。
                  運動部で培った体力、集中力を発揮して、総体終了後に大きく成績を伸ばした生徒もたくさんいます。
                  むしろ、帰宅部やライトな部活の生徒の方が、ムダに時間を費やしてしまってよい結果がでない…ということも多いように感じます。
                  とはいえ、部活で時間が限られているからこそ、日々の勉強時間の確保が大切です。
                  高校生だと「家に帰ると疲れて寝てしまうから」と、部活のあと夜10時までほぼ毎日自習のために教室にくる生徒も多いです。
                  このタイプの生徒は、ラストスパートで大きく伸びることが多いですね。
                  部活を理由に勉強を放置していると…結果は想像通りです。
                  さすがに、すべてを入試までの半年で仕上げるのはムリというものです。

                  部活をがんばれ!
                  でも、部活を勉強をサボる言い訳に使うな!
                  疲れていても日々の勉強時間を確保しよう!

                  ■2020年 大学新制度入試に向けての研修会

                  2015.04.17 Friday

                  0

                    こんにちは。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                    今日はまさに初夏の陽気。このあとのお天気が気になります。

                    さて、今朝は早めに家を出て、西船橋まで。
                    塾組合の定例研修会で、教育ジャーナリストの後藤健夫さんを講師に迎えて「これからの大学入試改革を見据えた塾運営」という講演に参加してきました。
                    2020年度に向けて、文科省のいくつかの審議会が、センター試験を廃止して新しい入試制度をつくろうと話し合っています。
                    審議の方向性、大学の対応、具体的な内容など、約90分間、詳細にお話いただきました。

                    文科省は、国公立大学をグローバル(上位)・エッセンシャル(中位)・ローカル(下位)の3つにグループ分けして、それぞれの大学にミッションの明確化を求めています。
                    この流れは、2020年に向けて私立大学にもおよんできそうです。

                    また、高校は特に教員の資質低下(たとえば、旧帝大卒や筑波大卒等の教員が少なくっている)と予備校化が深刻で、教員の資質能力の向上等も大きな議題になっているそうです。

                    2020年問題は、このような「高校教育改革」と「大学教育改革」の”方法”として議論されていて、まずは大枠を決めて、各論に入ったときの抵抗を減らすように慎重に進められているようです。

                    方向性、今後の見通しなど、かなりよくわかりました。
                    保護者の皆さんには、また保護者会等の機会に内容を紹介させていただきます。

                    ■身近な理科

                    2015.04.16 Thursday

                    0

                      おはようございます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                      今日は、やっと天気もよくなって気温もぐんぐん上がってきていますね。

                      さて、上の写真の植物はご存知ですか?
                      正解は「ナズナ」。♥型の葉を折って振るとペンペンと音がするため「ペンペン草」とも言われています。
                      中1理科のはじめは、「身近な植物の観察」で、中学校の校庭などを巡って、生えている植物を記録したりします。
                      定期試験では、校庭の見取り図が印刷してあって、どんな植物が観察されたかを答えさせる問題がよく出題されます。

                      ところで、ここ10年ほど、身近な野草の名前を知らない生徒が増加しているように思います。
                      都市化が進んで野草が減ったというのではなく、身近な生物に対する興味・関心が不足しているのがその理由です。
                      確かに、大人も、スマホの画面ばかり見ていて、身近な自然や風景をスルーしてしまっている人も多そうです。

                      そこで、最近は愛犬の散歩にカメラを持参して、気がついた野草などを撮っています。
                      ナズナは、背丈の低い野草ですから、道端や草のまばらな空き地などに生えています。
                      「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ、 これぞ七草」
                      という「春の七草」のひとつです。

                      理科に限らず、勉強というのは「知らなかったことを知ること」だけではく「知っていることを整理する」ということも大切です。
                      幼いころから頭に入ってきていたいろいろな雑多な知識を体系化、整理して、用語、言語にタグ付して理解し覚えなおしていくということです。
                      そのためにも、小さいころは体験によって雑多な知識を(そのときは利用価値はなくても)蓄えておくことが必要なのだと思います。