■2014年 東葛地区公立高校進学相談会は・・・

2014.07.24 Thursday

0
    こんにちは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

    7月19日(土)に、安孫子でおこなわれた東葛地区の公立高校進学相談会(主催:JAC千葉学習塾協同組合・公演:千葉県教育委員会ほか)は、盛会だったようです。
    千葉地区は、10月に千葉市民会館です。
    今年の中3生は、意識・学力ともに高い学年のようです。
    この夏にしっかりと実力を伸ばしてくださいね。

    ■夏期課題を早めに仕上げよう

    2014.07.23 Wednesday

    0
      こんにちは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

      どこの塾でもそうだと思いますが、すでに夏期講習がスタートしています。
      今日は、高1、高2、高3の全学年の授業のある日でした。

      さて、長生高校の生徒は、学校の課題ががっさり出ています。
      お盆休み前までには仕上げたいところですね。
      もっとも7月中は合宿の部活も多いようです。
      しかし、終わり間際になってしまうと、「答えを写して終わり」となりかねません。
      やはり課題をじっくり取り組むことが、2学期以降の成績を伸ばす上で大切だと思います。
      現役生にとって、学校で学習するすべての教科・科目にしっかりと取り組むことです。

      中には、「学校の勉強なんて入試には関係ない」というリードのしかたをする人もいるかもしれません。
      それは間違いではないかもしれませんが、額面通りに受け取ってしまうのは危険です。
      高校生にその意図を見抜くのは難しいかもしれませんが…
      正攻法、つまり高校生として学校の指導にしたがっていくのがベストだと思います。
      早め早めに取り組んで、しっかりと血肉としていきましょう!

      ■生徒を育てる

      2014.07.22 Tuesday

      0
        こんにちは、茂原市の進学塾好学舎と青葉予備校です。

        青葉予備校では、定番の「螢雪時代」などの雑誌を定期購読して、教室においてあり、生徒がいつでも読めるようにしています。

        ほかに、こんなの↑もおいてあります。
        知的好奇心が高い、ハイレベルな受験生を育てたいと思います。
        教え込むことも重要でしょうが、高校生以上では、自らの興味関心を高めることも大切なことだと思います。
        特に、長生高校の生徒は、10年後、20年後には地域の政治、経済をリードしていく人材となるはずです。
        ぜひ、頑張って、この夏を乗り越えて欲しいと思います。

        ■いよいよ夏期講習

        2014.07.21 Monday

        0
          こんにちは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

          小学生は、今日は「アイスをつくろう!」の2日目です。
          たくさんの小学生たちが楽しみにしてくれています。
          間もなく、午後2時スタートです。
          (画像は一部編集してあります)

          中3生は、明日は「1日特訓」。
          夏期講習のスタートダッシュをきめる、ちょっとハードな一日です。
          入試形式の問題を解いて、この夏の到達目標をしっかりと設定してもらいます。

          高3生は、夏期講習2週目です。
          今日は1:30〜8:30まで。
          数学毅繊⊃学僑臓地理、日本史、世界史…と夏期らしいハードスケジュール。
          この調子で、夏での入試基礎力の完成を目指します。

          みなさんも、この夏休みにはいろいろなテーマ、目標があるはず。
          1日、1日を大切に過ごして、ぜひ多くなテーマ、目標をクリアしましょう!

          ■模試の受け方

          2014.07.19 Saturday

          0
            こんにちは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
            今日は久しぶりに雨模様ですね。

            さて、今日は、長生高校の1・2・3年生が進研模試(ベネッセ)ですので、模試の受け方について。

            高3の場合、模試は月1回程度のペースが妥当でしょう。
            昨年、学校の先生に「模試は毎週受けろ」と言われたといって、受けまくっている子がいました。
            「多すぎるのでは」とアドバイスしましたが、いうことをきかずにかなり頻繁に受けていたようです。
            もちろん、入試結果は…

            模試は、偏差値・順位・得点などに目がいきがちですが、それはあくまで参考程度に過ぎません。
            一番大切なのは、受験後なるべく早い時期に復習をすることだと思います。
            「同じ問題が次の機会に出題されたなら、絶対に得点する!」
            という信念が大切です。
            一流大学へ合格している先輩は、この模試の見直し・解き直しがとても丁寧かつ迅速だったという共通点があります。
            ”見直し・解き直しをしないなら、模試をうける意味がない”といっても過言ではないでしょう。
            模試の問題は、各社が力を入れて作成した良問ぞろいだからです。
            試験が終わったら解答集を手元において、しっかり解き直し。
            成績表が却ってきたら、学習スケジュールの微調整をします。

            偏差値は、高校生が受験する模試は「標準偏差値」ではないので、ブレ・誤差が大きいので、あまりアテにはできません。
            あくまで参考程度に。(合格判定も)

            中学生であっても、特に中3生はこの「解き直し」がひじょうに重要です。
            テストが終わって、「できた」「できなかった」という程度では高校生同様、模試を受けている意味が半減です。
            ただ、中学生の模試(学校の実力テストも含む)は、県標準偏差値ですから、その数値はかなりの信頼性があります。
            日ごろの勉強が効果が出ているのかどうかを知るだけでも、ある程度は意味があるのです。

            人生は有限です。
            時間を有効に活用して、未来を切り開きましょう!

            ■明日、長生高校は模試

            2014.07.18 Friday

            0
              こんばんは。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

              明日は、高3夏期講習は、倫理、政経、英語α、英語βが予定されていましたが、長生高校は高1、2、3年生全員が進研模試でした。

              前期.謄好鳩覯未返ってきましたが、2年生はとんどの生徒がクラス10番以内だったようです。
              2年になって、順調に伸びてきました。
              この調子で、明日の進研模試もいい結果を残して欲しいと思います。

              夏休みの勉強法について、高3生から相談をうけることも多くなってきました。
              われわれが授業の中で伝えられる知識や解法などわずかなものです。
              結局に自分自身が受験勉強に取り組みしかありません。
              しかし、その方向性が間違っていると、貴重な時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。
              なるべくその生徒に合った、ムリ・ムダのない勉強法や戦略を伝えられればと思います。

              今日は少し涼しくなりました。
              体調管理にも気を付けてほしいですね。

              ■進学イベント

              2014.07.17 Thursday

              0
                こんにちは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                今日は、進学イベントをご案内しておきます。

                。祁19日(日)  東葛地区 公立高校進学相談会
                場所:けやきプラザ(JR我孫子駅前)/時間:16:00〜19:15
                内容:東葛高、薬園台高、国府台高など人気公立15校が参加する進学相談会です。
                主催:JAC千葉学習塾協同組合[千葉県知事認可]
                後援:千葉県教育委員会・我孫子市教育委員会・柏市教育委員会・流山市教育委員会・野田市教育委員会・松戸市教育委員会・/ 鎌ヶ谷市教育委員会 ほか

                10月5日(日) スクールフェア2015
                 場所:フローラ西船/時間:11:00〜16:30
                 内容:県内および都内の私立中高を中心とした進学相談会です。
                 主催:JAC千葉学習塾協同組合[千葉県知事認可]
                 後援:千葉県教育委員会 ほか

                10月19日(日) 公立高校進学相談会
                 場所:千葉市民会館/時間:11:00〜16:00
                 内容:長生高、千葉高、千葉東高等の県立・市立高校約50校が参加する進学相談会です。
                 主催:JAC千葉学習塾協同組合[千葉県知事認可]
                 後援:千葉県教育委員会・千葉市教育委員会・茂原市教育委員会 ほか

                ぃ厳遑押Γ各  首都圏進学フェア2014 in千葉
                 場所:幕張メッセ/時間:11:00〜16:00
                 内容:公立・私立の中学・高校・大学の進学相談会。別日程で、成田・柏・木更津でも。
                 主催:NPO法人 親子進路応援センター
                 後援:千葉県教育委員会 ほか

                ィ昂遑横影(日) 千葉県私学フェア2014
                 場所:幕張メッセ国際会議場/時間:10:00〜16:00
                   内容:県内の私立中学・高校の進学相談会。
                 主催:千葉県私立中高協会
                 後援:千葉県・千葉市・千葉県教育委員会 ほか

                〈すでに終わってイベント〉
                。況遑呼(日)  大学進学相談会
                場所:千葉市民会館/時間:11:00〜16:30
                内容:東大、千葉大、東工大、早稲田大、上智大等の人気国公立大と有名私立大の進学相談会。
                主催:JAC千葉学習塾協同組合[千葉県知事認可]
                後援:千葉県教育委員会 ほか

                近年は、学習塾・予備校団体が主催する行事でも、千葉県教育委員会や各市町村教育委員会が積極的に後援してくれています。そういう意味では、公教育と私教育の垣根はかなり低くなってきているといえます。
                各学校で行う説明会はどうしても「手前味噌」的な、いい話ばかりになりがちですが、このようなイベントでは比較検討することができる上、一回で資料等のそろってしまって便利ですね。
                ぜひスケジュールをあけて、参加してみましょう。
                多くのライバルの姿を目撃して、"学習モチベーション上がりまくり"間違いなしです。



                 

                ■アイスをつくろう

                2014.07.16 Wednesday

                0
                  こんにちは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                  今日も、またまた猛暑となりました。
                  高校生は今週は半日らしく、午後の部活が終わってから自習にくると、あまりの暑さにダウンしそうになっています。
                  熱中症にはくれぐれもお気をつけください。
                  ちなみに、わが母校の長生高校、高校野球夏の大会の千葉県予選は1回戦を突破し、明日袖ヶ浦高校との2回戦だそうです。

                  今週土曜日と来週月曜日は、夏休み恒例の「小学生対象・アイスをつくろう」です。
                  牛乳と生クリームをつかって、食塩で凝固点を下げたクラッシュアイスで冷やして、お手製のアイスクリームをつくろうという企画です。
                  告知もしないうちから、「今年はいつやるの?」と楽しみにしている小学生がいたようです。
                  すでにほぼ定員が埋まってしまっています。

                  長い夏休み、勉強だけではなくさまざまな体験をして欲しいと思います。
                  子どもには、バーチャルな世界に浸るよりも、実体験こそ大切ですよね。

                  ■社会(地歴・公民)は何をとる?

                  2014.07.15 Tuesday

                  0
                    おはようございます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                    今日もまた猛暑です(>_<) 冷夏の予報は覆って、昨年並みの猛暑の夏となるようです。
                    食事、睡眠に注意して、体調管理を万全にしたいところですね。

                    さて、よく質問されるのは、社会の選択。

                    文系で指定がある場合は、日本史・世界史を選択せざるをえないでしょうが、コスパを考えれば避けたいところです。
                    今年度の理系生徒は、なぜか「地理B」を選んでいる受験生が多いです。
                    彼らは、新課程になって、高2の教科選択からすでに地理を選んでいる確信犯です。
                    流れで日本史を選んだりしてしまわないところ、なかなかのセンスです。

                    今年度は学校で現代社会の授業がなかったりする関係で、政治経済の選択者も多いですが、現代社会は「政治経済+倫理+時事問題」の構成なので、政治経済と倫理を一通り学習してから赤本などで対策すれば十分対応が可能ではないでしょうか。
                    (ただ、最近の高校生は新聞を読まなかったり、ニュースを見なかったりするので、政経・現社はこの点でネックになる場合がありそうです)
                    昨年度「現社」を選んだ子は、1学期は60%程度の正答率でクラスでも下でしたが、夏休みに猛チャージし、2学期以降はつねに90%以上をキープしていました。
                    理系の場合は、公民科(政経か倫理か現社)または地理の選択が有利。
                    文系の場合は、経済系等で選択できるなら日本史・世界史は避けて政治経済が有利なのではないでしょうか。

                    もちろん、「だから歴史はサボれ」といっているのではありません。
                    たとえば、倫理の「思想史」を学習していると日本史や世界史の知識が生きます。
                    政経では特に近代から現代の日本史の知識が理解に大きく影響します。
                    もちろん「マルタ会談」ときたときに地中海のマルタ島を、「バンドン会議」ときたときにインドネシアのバンドンがイメージできるか…という地理の知識も大切になってきます。

                    時間のない現役生の場合は、社会を短期間で仕上げるのも大切。
                    ある程度以上はコスパが悪いので、85%〜90%まで仕上がったら、他教科へ力を入れた方がいいようです。

                    ■生物の得点力をUpさせる

                    2014.07.14 Monday

                    0
                      こんにちは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                      今日も猛暑ですね(>_<)

                      さて、今日は「生物」。
                      「生物基礎」は「生物機廚法崟己供徃楼呂ら「植生とその遷移」「バイオームから生態系へ」「生態系のバランス」が加わり、「(メンデル)遺伝」がなくなりました。
                      このため、「生物基礎」はかなり暗記ものに偏った印象です。

                      一方「生物(四単位生物)」には「(メンデル)遺伝」が入っています。
                      遺伝は、これまでセンターでも2次・私大でもよく出題されるいわば”入試の花形”といってよい単元。
                      ところが、新教科書では扱いが軽くなりました。
                      一方、長生高校の前期▲謄好箸任蓮高3生の生物選択者や高2の理数科生徒は「遺伝」が試験範囲になって、「セミナー」の該当問題をかなり苦労しながら解いていました。
                      遺伝は、理解と計算の両方が必要なので、なかなか大変なのです。
                      そこで、わたしたちは、「夏休みに遺伝をマスターしよう!」と提案します。

                      他の単元は、まんべんなく教科書をながめれば、60%はいくはず。
                      秋以降、残りの単元を問題集で地道につぶしていけば、センター90%も十分いけそうですね。