■地歴も演習へ

2015.10.04 Sunday

0

                        (photo: H.S)
    こんにちは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
    昨日の日暮れ時。
    秋は、日が傾きはじめると、あっという間に沈んでしまいますね。

    土曜日の高3は地歴科。
    今年度は幸いなことに世界史選択者がいないので、日本史と地理。
    日本史は、量が多いのでまだ演習に入れませんが、もうちょっと。
    地理はいよいよ入試問題の演習に入りました。

    公民科、これも幸いなことに倫理選択者がいないので、現代社会と政治経済。
    こちらもほぼ復習が終わって、10月授業から演習に入れそうです。

    数学靴癲△泙發覆積分の応用(距離・速度・加速度等)が終わって、『数学総合』として演習となります。
    センター試験まで残すところ100日ちょっと。
    高3生たちと一緒に過ごせる時間もだんだん短くなってきました。
    もうちょっと、もうちょっとだけ、時間の進みはやさがゆっくりならいいな、と思います。

     

    ■中3理科は生物のつながりに入ります

    2015.10.03 Saturday

    0
      こんにちは。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
      今日は秋晴れのいい天気になりましたね。
      自宅のそばのイチョウもすっかり実をつけ、酪酸(ブタン酸)の香りがあたりにただよっています。

      まぁいい香りではありませんけれど、秋の香りではあります。
      高校の化学で習うエステル類には独特の香りをもつものがあって、
      .酸エチル=モモ、⊃飮瀬ぅ愁屮船襦瓮瓮蹈鵝↓酢酸ペンチル=バナナ、た飮瀬ぅ愁撻鵐船襦瓮淵掘↓タ飮瀬クチル=オレンジ、ν鏤瀬瓮船襦瓮螢鵐粥↓酪酸エチル パイナップル、などといわれています。
      酢酸エチルも一応リンゴの香りとかいいますが、どうにもセメダインのにおいにしか感じられません。
      そういれば、大学の学生実験でマツタケの香りということで、桂皮酸(Cinnamic acid)の合成をしたのを思い出します。

      さて今日は中3の授業日。
      『秋の検定』(漢検・数検・英検)の『Vコース(対策講座)』も順調に進んで、数検対策も後半の「相似」「三平方の定理」まで一通り終わっています。
      理科は物理➡化学➡生物ときて、今日からは「生物どうしのつながり」。
      12月までに、「地球と宇宙」を終わらせて入試演習に入る予定です。

      また、来週からは土曜日授業は午前授業となり、9:30〜12:10に変更になります。

      午後からは希望者は徹底的に補習できますので、ぜひ参加してくださいね!

      ■理科基礎

      2015.10.03 Saturday

      0
        こんばんは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
        今日は、天候回復して暑くなる予報でしたが、雲の多い1日でした。
        ニュースで、千葉駅前が出ていましたが、最近、大雨や大雪のニュースで千葉駅前が映ることが多い気がします。
        大雪のニュースでは、札幌駅前かと見間違えそうでしたし。

        金曜は、高3は地学+理科基礎の日。

        地学は、北大から南下しながら過去問で演習。
        結構中学生レベルの問題も多いのですが、高得点狙うにはそれなりに
        大変です。
        ?火山と火成岩、2地層と堆積岩、3天気と気象、4宇宙と地球、5地震。
        まんべんなく出ます。
        今日の岩手大学のは、気象は中学生レベルのに、地層は傾きなど、宇宙はハッブルの法則など、どちらも計算が大変。

        それからみると、生物基礎、化学基礎、物理基礎は簡単。
        ただし、前期の復習講座をちゃんと受けていたかどうかでかなりの差が。

        たとえば、ちゃんと受けていたSさんは、他の生徒より+5ページほど先を。
        スラスラ状態で凄い。
        今年の「満点出ました」候補の一人。
        褒めると

        模試の理科、社会ではほぼ満点近くとるI?くんが
        「いやSさんは、頭が良くて、かわいいからしかたないです」

        yes!
        皆さん頑張って下さい。

        (実際は、この発言後、やや場が紛糾していましたが。ダメ押しで確認してきた生徒には、yesと強調しておきました。本心ですから(^_^)v)

        ■知識と実生活の差

        2015.10.01 Thursday

        0
          おはようございます。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
          長生高校は今日から、市原中央高校は昨日まで、秋休みです。(2学期制なので)
          SWが終わったばかりでまた連休。
          受験勉強のある高3生はともかく、1、2年生はダレてしまって勉強へのモチベーションを持ち続けるのが難しそうです。
          今日は北海度へ爆弾低気圧が接近中だとか、本州も広く全然通過で要注意ですね。

          高3生の物理は電磁気学のコンデンサーに入りました。
          ところが
          「コンデンサーって、何に使っているのですか?」
          とぶったまげる質問が。
          いろいろ聞いてみると、中3の技術家庭科で、6石スーパー(トランジスタ6個を使用した、スーパーへトロダイン方式の)ラジオを作ったことはあるそうです。
          「高周波は通すけど低周波は通さない性質を利用して電線をアンテナ線替わりに利用するとか…」
          そこから、「電波って?」「アンテナって?」「チャンネル(同調)って?」…と次々に疑問がわいてきたようです。
          ボクらは、小学生高学年くらいの時に、ダイオードやポリバリ(バリアブルコンデンサー=可変コンデンサー)など部品を買ってきてラジオを組み立てたり、模型屋で、「1石」「2石リフレックス」「6石スーパー」などのラジオや簡単な電気工作キットを組み立てたりとか、いろいろやった経験があります。
          よくミスって半田ごてで指にやけどをこしらえたりしたこともありますが。

          とにかく、今の子供たちにとって、すべての電気製品は単なる「ブラック・ボックス」なのですね。
          仕組みも、原理もわからない。
          でも、スイッチを入れれば望みを叶えてもらえる魔法の箱。

          一見回り道に見えた問答ですが、電磁気学を学ぶ具体的なイメージがわいてくれたなら、貴重な時間となったかもしれませんね。
           

          ■現代文

          2015.09.30 Wednesday

          0
            こんばんは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
            今日は、日暮れ時の空が、秋めいてとてもきれいでしたね。
            ふだんは見過ごしてしまうところなのですが、今日は生徒に言われて外を見ることができました。
            心が清々として、なんだか得した気分です。

            さて、高3の現代文も、説明的文章がいちおう終わって、文学的文章(小説)に入りました。
            第1回は、武者小路実篤の『友情』の冒頭と、谷崎潤一郎の『蘆刈』の一部です。

            「武者小路実篤って何派?」
            という質問には、さすがに
            「白樺派」
            という答えが返ってきましたが、
            「白樺派はほかにだれがいる?」
            という質問には???。
            有島武郎や志賀直哉がでてこない。
            1、2年のときに文学史で勉強しているはずなのですけど。

            まして、武者小路実篤は「新しき村」という空想的社会主義者的一面もあって、ロバート・オーウェンの「ニューハーモニー村」と対比される…などという話はムリでした。

            「じゃ、谷崎潤一郎は何派?」
            はもちろんだめ。
            『耽美派』はでてこないし、『三島由紀夫』も同様です。
            代表作『細雪』も読めません。
            まぁ、高校生はそんなものかしら?
            当然のように『春琴抄』も知らない。

            武者小路実篤の『友情』は、青春文学の金字塔みたいな作品で文庫でも出ていて比較的薄いので、高3でなければ「読んでみたら」と勧めるところですが。

            ■(つづき)

            2015.09.29 Tuesday

            0
              おはようございます、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
              今日は、さわやかな秋晴れとなりました。
              長生高校は、今日は”サイエンストップセミナー”だそうで、朝から生徒たちは茂原市民会館に登校(?)しているようです。

              さて、もうちょっとだけ昨日の続き。
              実は、勉強していてひっかかるところは、個人によってかなり差があるようです。
              昨日は生徒は、面倒そうな「ヨードホルム反応」は、すっと通過したようなのです。

              ヨードホルム反応とは、

              のように、[]や[]のような化合物を、ヨウ素と水酸化ナトリウムを加えて加熱すると、特有の臭気をもったヨードホルムができる反応で、高校化学や大学入試ではよくでる反応です。

              去年の生徒たちは、この反応がとても不思議だったらしく反応機構をしつこく質問してきました。
              まず、[][]は相当違って見えるのですが、[]は塩基性にするとI2によって酸化されて[]になるので、実質的に[]の反応がわかればよいのです。

              のような反応で、メチル基の水素原子Hが順次引き抜かれて、最終的にヨードホルムCHI3が生成することになります。

              一見すると、同じようなひっかかりであっても、生徒によってその”感覚”はかなり違っています。
              授業のほかに、個別に指導したり質問に答えたりすることが大切だと痛感されますね。

              ■有機反応機構

              2015.09.28 Monday

              0
                こんばんは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                今日はよいお天気になりましたね。

                高3生も入試に向けて熱心に勉強を続けています。
                ある生徒が、有機化学の問題を「セミナー」でやっていて質問によくくるのですが、残念ながらこの生徒は化学科志望ではありません。
                うまくいけば、来年の4月には千葉大で教授をやっている花澤くんの弟子となるはずです。

                で、ここのところ、有機化学の最後の部分で、
                機.縫肇蹈戰鵐璽鵑鬟好Snと塩酸HClで還元してアニリンをつくる。
                供.▲縫螢鵑鯆祺垢念‐忙瀬淵肇螢ΕNaNO2と塩酸HClで処理して塩化ベンゼンジアゾニウムをつくる(ジアゾ化)。
                掘 ̄化ベンゼンジアゾニウムとフェノール(問題によって2ーナフトール)をカップリングして、pーヒドロキシアゾベンゼンをつくる(ジアゾカップリング)。

                の反応機構をしきりに聞いてくるのです。
                どうも、「AをBで処理するとCになる」という説明では、なかなか納得できないようです。

                ちなみに反応機構は下の通りです。

                化学科志望ならば、知っておくこともムダにはならないと思うのですが、大学入試だけにしぼって考えたら、ちょっとムダな気がします。
                もっとも、だれでも理系は同じような点にひっかかる気もします。
                量子化学をはじめて習ったとこ、「シュレジンガー方程式を解くと、ラゲールの倍多項式とルジャンドルの倍多項式になる」とあって、「!」マークだらけの解と、「その結果から水素原子の電子雲はこうなる」と図が描いてあったので、「この方程式が解けなくてはいけないのか…」と慌てて数学の勉強をはじめてしまいました…
                その後、「これは解けなくてよい」ので、永年方程式を解いて分子軌道などがわかればよいことを理解しましたが、まったく遠回りしてしまいました。

                「できなくてよいこと」「知らなくてもよいこと」を、ちゃんと伝えて、ムダをなくすのも講師の大きな仕事だと痛感します。
                でも、「納得しないと先に進めない」というのは、これはこれで大切なことなので、そのあたりのさじ加減が難しいところです。

                受験生の皆さん、単なる暗記に頼らず、かつムダをなくして、効率よくがんばってください!

                ■千葉県統一テスト

                2015.09.28 Monday

                0
                  こんにちは、茂原市の進学中k好学舎&青葉予備校です。
                  今日は天気も回復して、蒸し暑くなってきましたね。

                  昨日は、中3生は9月の千葉県統一テストの日でした。
                  中学校の実力テスト対策は、このテストの復習がいちばんです。
                  中3の実力テストはテスト範囲が、中1〜すべてとなりますので、範囲が広すぎてなかなか勉強しにくいですね。
                  「勉強しにくいからやらない」
                  というのでは進歩がありません。
                  千葉県統一テストを基準にして、できなかった問題、ミスった問題をしっかり補充していくことが、実力UPの最短距離です。


                  さて、たまには個人的な話で息抜きを。
                  大学生の頃、下宿(アパート)のそばに、ブーケという自家焙煎のおいしいコーヒーを飲ませる喫茶店がありました。
                  マスター(経営者&店長)とも親しくなって、足しげく通っていました。
                  雨の日―意外かもしれませんが、僕は雨の日が好きです。朝から雨だと、外の喧騒が聞こえず、規則的な雨音だけが聞こえて何だかほっとします。
                  そして、大学は自主休講にして、たとえば、専門書を持ってブーケに行くのです。
                  一番奥の席に陣取って、ゆっくり数時間、おいしいコーヒーをいただきながら、自主勉強。
                  雨の日が好きな人は、きっと僕と同じように、孤独を愛する、しかし、ちょっとさびしがり屋の人かもしれません。

                  とはいえ、今は昔。
                  ここのところは、毎日忙しく、休みない日々。
                  学生時代のようなのんびりした時間を過ごすせることはまずありません。

                  歳月人を待たず。
                  センター試験、千葉県私立高校入試まであと110日ほどに迫ってきました。
                  「橋のない川」で有名な住井すゑさんが「時間だけは、どんな人にも平等だ」と言っていました。
                  今、過ぎ去る1時間1時間が「早すぎる!」と思う人は、僕や受験生と時の感覚が同じ方ですね。
                  今日頑張ります!

                  テスト実施中

                  2015.09.27 Sunday

                  0
                    DSCN0583.jpg
                    現在テスト実施中です。みんな頑張れ!

                    ■9月も終わり

                    2015.09.26 Saturday

                    0
                      こんばんは、茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
                      シルバーウィークも終わり、いよいよ10月ですね。

                      9月の金曜は、地学、生物基礎、化学基礎、物理基礎の日。

                      地学は、北大から始まって南に移動しながら入試問題を解きながら知識を確認していきます。今日は、弘前大学前期。
                      北大よりは基礎的な問題です。
                      地質年代や細かい示準化石など、また、事情波の地殻による直接波と、モホ面による屈折波の伝わりなど。
                      とはいえ、私は地学の面白さは全然感じませんが。

                      生物基礎は演習に入り、細胞。
                      生物選択の生徒と生物基礎だけの生徒とのさが難しいですね。

                      三時間目は化学基礎。
                      化学結合と結晶。
                      やはり、化学選択の子は圧倒的に早い。

                      四時間目は、物理基礎。
                      運動方程式。
                      生徒がいうには、学校の授業とは違って、あっというま間と。

                      準備と授業で、教える側はかなり疲れました。

                      理科は、平均9割以上を目指しています
                      頑張ってね!