中学生は冬休み明けに実力テストです

2019.12.18 Wednesday

0

    こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。


    青葉予備校は、1時から高3授業。

    長生高校特時は、微妙に1時に間に合わない。


    中の島では、小学生、中学生の、授業。

    毎日、7〜8時間授業は、足が痛くなります。


    中2の理科は、電力、磁界など。

    モーターに豆電球をつなぎ、モーターの先に糸を巻いてひっぱると、豆電球が光る!

    電気エネルギーから運動エネルギー、運動エネルギーから電気エネルギーへの変換をしっかり実演できました。

    発電所は、糸のかわりに「タービン」ていう、風車のようなもので、回転させています。

    電磁石も、エナメル線の巻数を変えたものを複数用意していたのですが、時間が足りず、次回。

    可能な限り、実物で教えます。


    数学は、証明の応用。

    だんだん難しくなる。

    生徒が1月の実力テストの範囲表を。

    数学は「三角形の証明」理科は「電気」まで。


    ぼくの声が、自分の声になれば

    2019.12.17 Tuesday

    0

      こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

      青葉予備校で高3の授業をし、移動して小学生、中学校の授業と、毎日8時間ほどの授業です。

      体が慣れたのか、昨日、今日は、今年で一番体調良好です。


      中1の数学で、S=1/2lrの公式を教える。

      導き方も。

      できる。

      前回の公式め含めた練習問題をやる。

      ここだ。

      前回の公式を宿題で演習したのに、前のページに戻って公式を確認する。


      テストで、できない生徒だ。


      理解力はなくはない。

      計算力もある。

      が、自分のものにしようという意識が弱い。

      他の科目も同じ。


      先生の説明で理解はするのだが、自分の言葉で理解してない。

      それが、理解力はあるのに、テストでできない理由。

      多分、宿題も授業から日を置いている。

      先生の声が、耳に残るうちに宿題、復習するのだ。

      そうすると、先生の声が、自分の声になる。

      つまり、勉強が自分のものになる。


      だから、一番いいのは、毎日塾に来て自習する。

      すると、先生の声がいつも聞こえるから、先生の声が自分のものになる。

      難関大学に受かった生徒は、高3の一年、そういう時間を過ごす。

      でも、小学生や中学生は、さすがにムリだろう。

      やはり、家で宿題をやりながら、先生の声を思い起こすのが一番。

      勉強しよう!

      2019.12.14 Saturday

      0

        こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。


        昨日から、1時から高3、移動して小学生、中学生の生活に。

        大晦日まで休みなし。

        2学期は、台風のとき以外休みなし。

        さすがに疲れが。


        でも、入試があるからしかたない。


        中3は、三平方の定理。

        三平方の定理は、他の分野とも関係するので、手を抜けない.

        しかも、高校数学でも必須なんだよね。


        円や空間図形でも使われるし、関数と図形の融合問題でも。


        中2の図形の証明もそうなんだが、教科書の問題が少なすぎるので、あれではなかなか身につかない。

        長生高校の生徒でも、中学時代に塾に通ってなかった「未塾児」がたまにいるけど、やはり、そのあたりに差がでてくる。


        茂原北陵高校の入試問題

        2019.12.14 Saturday

        0

          こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。


          今日は。市内唯一の茂原北陵高校の入試が過去問をもらってきました。

          私立高校の入試問題は、特徴があるので、入試対策には必須。

          しかも、茂原北陵高校の入試問題は、千葉日報の問題集には載ってないから必要です。


          私立高校入試問題は、公立高校入試問題にはない、いい問題もあります。

          地学、は面白い?

          2019.12.13 Friday

          0

            こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

            今日は暖かでした。

            木更津のS塾長が、ネギを持ってわざわざ茂原まで来てくれました。

            熱心に農業をやっている理由も教えてくれました。

            地目が宅地でも申請すると農地扱いになり、固定資産税が20分の1ほどになるんたまとか。


            そういえば、大学の奨学金も支払い免除になる方法があるんですねぇ。


            みんな、知らないから、損してる。

            かつまた、誰も僕にそんなこと聞いてこないから、教えないし。


            閑話休題。


            中学の理科の最後は、全学年地学。

            中1は、地層、岩石、地震。

            中2は、湿度、天気。

            中3は、天体。


            僕は理科の先生が専門だが、中1の岩石とかほんと面白くない。

            たまに、高3で「地学を教えて下さい」といわれると閉口する。

            内容が、とっ散らかっててまとまりがなく、つまらないから。



            英語は、やっぱり文法が大事ですね

            2019.12.12 Thursday

            0

              こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

              授業と冬季準備の合間をぬって中2以下の保護者面談。

              今日いらした中1生のお母さんとの面談は良かった。

              ご家庭や学校での様子など、詳しく伺って、今後の指導の参考になる。


              中3の英語は、復習のプログラム9に。

              §1は、「受動態」と「SVOCの第5文型」の復習。

              夏から入った生徒が、能動態→受動態の書き換えができない。

              理由は、


              もとの文型の、S、V、O、Cが分かっていなかった。

              そもそも、主語とか、なんも理解していない。

              さすがに、「そこかぁ」。

              それでは、「受動態は、SとOを入れ換えて、

              be動詞+過去分詞+by人 だよ」では、分からないはずだ。


              atやonが「に」と訳せない。


              asが「つれて」「ので」「時」と、比較の「as as」があるとか。

              at onceが「すぐに」と「同時に」の二つの意味があるとか。

              the 形容詞 が「〜な人」という意味だとか。

              自分が中学、高校時代に苦労したところは、みんなつまづく。

              ので、教えていると、高3の英語の花澤先生の授業を思い出す。


              いってることは、みんなその時教わった。ことだから。


              まだ、教えてないのは、

              「〜たならば、〜であろう」という反実仮想の仮定法過去完了〔高校内容〕


              「シミル〔直喩〕とメタファー〔隠喩〕」、これは国語で教えるけど。


              「学ぶはまねぶ」が語源だとか。

              よい先生に教わると、生徒にも上手に教えられる典型だ。

              中2、図形の合同の証明

              2019.12.11 Wednesday

              0

                こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

                今日は、暖かくてよかったです。


                中2は、「図形の合同の証明」。

                数学の中では難度が高い。

                塾に通ってない生徒に、理解できるのかぁ、と。


                「定義」は、「なになには何とする」

                「定理」は、証明された性質。


                定義は、「仮定」として使える。

                定理は、「いわば、RPGにおける武器なんで、もっててれば自由に使える。わすれたら、武器にならないから、レベル1に戻るよ」

                と。


                定理は、まさに武器。

                定理を身につけないとたたかえない。


                二等辺三角形。

                定義は、

                二辺の等しい三角形を二等辺三角形という。


                定理1

                二等辺三角形の底角は等しい。


                定理2

                二等辺三角形の頂角の二等分線は底辺を二等分する。


                中2は、武器を二つえた。



                通信制高校という選択

                2019.12.10 Tuesday

                0

                  こんばんは♪ KG高等学院=鹿島学園高校通信制サポート校です。


                  個人的には「いいのかなぁ」と思いますが、通信制高校へ通う高校生が、年々増加しています。


                  中学から不登校だった生徒が、初めから通信制に来る生徒も増加。


                  一度、全日制高校に入学したのに、通信制へ転校する生徒も増加しています。

                  通信制高校も年々、レポートや視聴票、スクーリングなどチェックが厳しくなり、それなりに大変です。


                  あまりに転校がふえ、鹿島学園高校では、毎年、9月からは受け入れ不能になるくらいです。


                  転校希望は、来年4月からです。

                  問題があるなら、早めに。


                  今日も一件、ご相談が。

                  保護者の方のご心労はかなりのもののようです。


                  通信制も、就学支援金の対象になるので、費用は、初年度年間十万円くらいで、2年目からは年間五万円くらいです。


                  ただし、サボって卒業が延びると支援金がなくなるので要注意!


                  ご相談は、お早めに。

                  中学数学、早い進度に対応

                  2019.12.09 Monday

                  0

                    こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

                    雨が降ってきました。


                    日曜日も高校生の授業があり、その後、塾組合の外房支部の忘年会。

                    数年ぶりに出席。

                    8月の亡き母の葬儀の会葬御礼のためです。

                    夏期講習中の多忙な時期にも関わらず会葬頂いた方には御礼せねばなりません。


                    中学の数学は学校の進度に対応するためいそいでいます。


                    中1は、「作図」。

                    実力テストや高校入試でも必ずでるので手を抜けません。


                    中2は、「三角形の合同の証明」。

                    これまた必ず出題されるので。


                    中3は「三平方の定理」。

                    これまた必ず出題されますし、高校でも必要なので。

                    理科が早く終わったので週3時間でじっくり進めています。

                    来週から、私立高校の事前相談

                    2019.12.06 Friday

                    0

                      こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

                      今日も寒かったですね。


                      来週から、千葉県では私立高校の事前相談が始まります。

                      平成4年までは、模試〔五郡市一斉テスト、山武郡市一斉テスト、千葉県共同テスト〕などの偏差値が使われていましたが、鳩山邦夫文相の指令で、中学校からの業者テスト廃止がはじまり、以後は内申点による事前相談になりました。


                      ので、通知表の評定が足りるかどうかで、受験できるかどうかが決まります。


                      その生徒の学力〔得点〕ではなく、内申評定がまず必要なんです。


                      渋幕や昭和秀英、市川、東邦などトップ私立は別ですが。


                      ので、千葉県の場合は、来週からの中学校と私立高校との事前相談が大切。

                      内申評定が足りないと、受験すらできない。

                      それを知らない受験生や保護者もいてビックリ。

                      一学期に説明会をして、念を押したはずなのにのに。


                      公立高校は、内申点+入試点数。

                      私立高校は、内申点で先ずセレクト。


                      中2からは、公立高校は、一回入試。

                      システムを理解して下さい。