中3は、入試に向けて

2019.12.05 Thursday

0

    こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

    今日は、昼間は暖かかったのに、夕方から冷えましたね。


    中1で、定期テストの国語のできが悪かった生徒。

    国語ができない理由はわかってます。


    〔簑蠅諒犬読めていない

    問題文を、音読させればすぐ分かります。

    ほとんどかこれです。


    ⓶設問がわからない

    今日の生徒は、そうではなかったけど。

    「のこと」なら文末を「こと」にとか。


    まだありますが。

    原因がわからないと、対処できない。




    指導スタイル

    2019.12.04 Wednesday

    0

      こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

      今日は暖かくてよかったですね。


      小学生の英語は、四技能を意識して指導しています。

      英会話塾に行ってる生徒は、ライティングが弱いことが多いですね。

      大文字を使う場合とか、単語間を空けるとか、?をつけるとか。

      来年度から、小学3年から英語が始まります。

      小学5年からは、いまの中1みたいに。


      中2理科は、ようやく「オームの法則」。

      学校は、「電力W」まで行ってるらしい。


      数字は、「三角形の合同の証明」。

      学校は、まだ。とはいえ、あまり差がない。


      英語は、プログラム8。

      これまた学校はプログラム7。

      あまり差がない。


      とにかく、学校の進度が速い。

      早くやるのは簡単なんだが、生徒の理解を追いつかないと。

      進学塾好学舎は、演習をしっかりやるのが開塾以来のポリシーなので、演習を宿題にして進度だけ進めるのは。

      国語の苦手な生徒も多いので、国語も進めたいのだが、時間がなかなかとれない。




      中3はやっと終わりが見えてきた

      2019.12.01 Sunday

      0

        こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。


        高3は、日本史。

        やっと、第二次対戦。

        センター対策のテキストを進めるように指事。


        中3は、

        理科は「天体」の最後。

        中3内容が終わり、まとめの問題へ。

        意外にもよく覚えています。

        今年の中3、前半、できが悪くて苦労したけど、意外に地頭は、悪くなかった。

        偏差値も10くらいアップしてきた。


        英語は、目的格関係代名詞that。

        次回、省略できる関係代名詞か、省略できない関係代名詞。

        なので、しつこく「主格なの?目的格なの?」なと質問。


        数学は、「円と相似の証明」。

        やっと終わりが見えてきたけど、最後の「三平方の定理」が。

        小学生は理科・社会を指導しています!

        2019.11.29 Friday

        0

          こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

          今日は晴れて、昼間は暖かでした。

          来春収穫予定の「からし菜」の栽培をお願いした、木更津の塾の先生から、

          「寒いし雨ばかりで心配したけどからし菜の芽が出ました」

          と、メールがありました。

          自分が食べたいばかりに、他人に任せる僕も僕ながら、メールで知らせてくるS先生も。


          小学生は、月末で理科・社会です。

          小6理科は「月と太陽」「地層」、社会は「江戸時代〜明治時代」。

          小5理科は「からだのつくりと働き」、社会は「これからの食料生産」。

          小4理科は「星の動き」、社会は「福岡県」。

          等高線から、地形を描く練習などしました。


          中2は、

          社会が歴史「ペリー来航から明治維新」。

          高3も一ヶ月前くらいに同じ範囲。

          「生糸って何?」

          小学生も中学生も高校生も、ほとんどダメ。

          用語暗記には限界がある。

          生糸=絹糸、とならないと本当の理解にならない。

          薩長同盟になぜ坂本龍馬がでてくるのか、徳川慶喜はなぜ早々に大政奉還したのか?など単に暗記したのではダメなんじゃないだろうか?


          数学は、「三角形の合同の証明」。

          南中、長南中、睦沢中はまだ合同に入ってないが、長生中は合同に入り、間もなく証明らしい。


          英語は「第4文型」。

          これまた、ほとんどの中学は、program7。

          とにもかく、中学の進度が早く、急がないと。

          勉強時間を確保しよう!

          2019.11.29 Friday

          0

            こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

            ますます冷えて来ましたね。


            中学生も、高校生もそうなのですが、自習の大切さを分かっている子が少ない。

            成績のよい子が頭がいいのではなく、自習時間が長い生徒が成績がよいのです。


            今の子供の環境として、家ではまず自習できない。

            だから、進学塾好学舎でも、青葉予備校でも、自習環境を整えています、

            週に2日とか3日とか、進学塾好学舎&青葉予備校にきて、成績が伸びる訳がない。

            いかに他の日に自習にきて、勉強時間をとるか、でしょう。


            「塾に行っているのに成績が伸びない」

            理由はです。

            中学生なら、勉強の内容が少ないからまだしも、高校生はアウトです。

            勉強時間を確保しないで成績が上がる方法はありません。

            練習しないで、部活で県大会行きたい、と言っているのと同じ。


            勉強時間を確保しよう!

            中3もどんどん進んでいます

            2019.11.28 Thursday

            0

              こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

              今日は、寒かったですね。


              午後に、来客に二人あって、5時から、いつもの中1が勉強に。


              6時半から中3。

              社会は、「日銀」。

              生徒に聞きと、茂原中は同じあたり。

              早野中、南中、睦沢中は「三権分立」あたり。

              茂原中、恐るべし。

              教室のパソコンもwindows10にアップグレードしたら、1時から始めたのにアップグレード終わらず。

              かつ、wifiのドライバーがwindows10未対応。

              USBを、使ったりしてなんとか。

              授業終了後、やっとロジテックの子機からブァファローの子機に替えて復帰しました。

              中3は、二回連続でパソコン不調で申し訳なかった。


              数学は「円周角の定理」の演習。

              ここが大事で、ここさえ通過すれば、相似との融合問題もサクッといくはず。

              あとは、「内接四角形の定理」と「接弦定理」で終わり。

              この二つは、高1でまた出てくる。

              なんとか、冬休み前には、「三平方の定理」まで終わりそう。

              ここ十年、中3数学は僕は教えてなかったが、よく終わったなぁ?と。


              英語は、「関係代名詞の目的格」。

              生徒は、わかった顔をしていたが、本当かなぁ。

              「目的格関係代名詞は省略できる」のは、めちゃんこ重要なんだが。

              そんなに簡単に理解できないはずなんだが。

              パワポで投影する英文に、SCOCの記号を入れながら、

              45年くらい前に数年通った、茂原英語学院の永野順一前学院長の授業を思いだし、「やっぱ文法、文系、大切だわ」と、今さら。

              当時は、何も分かってなかった。


              高校では英語は苦労した。

              大学、大学院で英語の本や論文を読んで、やっと人並みくらいには、英語もできるようになったけど。

              文法は、日本人が英語を理解するための近道だったんだな、と改めて痛感。

              中2も、数年前には考えられない早い進度

              2019.11.27 Wednesday

              0

                こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

                毎度のこと、最近の中学は、進度が早くなりました。

                数年前とは大違い。


                中2の数学は、どの中学も「角度」。

                進学塾好学舎では、「三角形の合同の証明」です。

                「∴」とか「Q.E.D.」とか知っている中2生がいてびっくり。

                「∴」は「ゆえに」という記号で、「QED」はラテン語の「Quod Erat Demonstrandum(かく証明された)」の省略。

                僕らが中学生のころは習ったが。

                ∴は、反対の∵(なぜなら)があるので、知っておきたいところだが。

                僕は、学習指導要領無視なので何でも教えてしまうが。


                中2の理科は、一番早いのは意外にも睦沢中で、すでにオームの法則も。

                他の中学は、電流計・電圧計あたり。

                進学塾好学舎は、「オームの法則」。


                中2の英語も、一番早いのは睦沢中でprogram7の3。

                次が長生中て7の2。南中は、まだprogram6。


                数年前までは、年度内にはカリキュラムが終わらず、「読んで終わり攻撃」と揶揄した方法でつじつまを合わせていたのがうそのよう。


                ただ、理解の遅い生徒には、かなり厳しい状況だと思われる。

                またまた、高3受験がに泣かれました

                2019.11.26 Tuesday

                0

                  こんばんは♪ 茂原市の青葉予備校です。


                  先週、進路面談して泣かれました。

                  いや。

                  この時期、毎年。

                  高3受験生だと、ふつう。


                  この時期の高3受験生の心理的プレッシャーは半端ない。

                  不安で、不安で、心が押し潰されそうなのはふつうです。

                  しかし、その不安は、家族や、学校の先生にはなかなか通じない。

                  これまたふつう。


                  去年は2月に泣かれました。

                  「どこも合格してません。お母さんから『あんた、どこも受からないんじゃないの?』と言われました」と。


                  私大文系。

                  一番苦しい。

                  「お母さんも、苦しいんだよ。君が一番苦しいね。もう少し。頑張ろう!」


                  彼女は、最後の最後に東洋大に受かりました。

                  いやいや、数年前なら、

                  「東洋大?」

                  だったのですが。

                  ここ数年は、私大文系はかなり厳しい。

                  しかも、「追加合格」の、嵐。

                  親も、この状況の変化を知らないんだろうなぁ。


                  千葉市より東京よりの私大は、文系も理系も、昔の難易度は通用しません。

                  「受からないのが普通」と思って、受験して下さいね。

                  中学生はやっと通常授業に完全に復帰しました!

                  2019.11.26 Tuesday

                  0

                    こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

                    今日は、割りと暖かだったですね。


                    昨日の日曜は、中3は「千葉県統一テスト」でした。

                    来週、中学でも、「実力テスト」「評価テスト」があります。

                    同じ範囲の模試を先に受験し、1週間自己採点、復習をするのが、テスト対策の近道なのです。


                    中3は、学校も進度が速くて、理科は「惑星」まで行っているようです。

                    進度塾好学舎は、ようやく「太陽と月」。

                    年間予定通りなので、中学がやけに速い。

                    数学は「円」に入って、中学をやっと一方リード。

                    「円」と「3平方の定理」は、高校入試でもよく出題され、高校数学でも出てくるので、てを抜けない。

                    十分演習が必要な単元です。


                    中1は、数学は「反比例のグラフ」。

                    早野中、長生中はすでに。

                    南中もクラスによって。

                    が、比例定数の「約数」(小5の範囲)で点をとらなくてはならないので、「約数」が理解できていないと難しい。

                    「約数と倍数」は、30年前だと中1で復習したのに今のカリキュラムではない。

                    のに、高校1年で再度出てくる謎のカリキュラム。

                    高校数学まで見通せないと、見逃してしまう。

                    理科は、「音」。

                    難しくはないのだが、「跳ね返った時間で距離を測る」ところが。


                    小6も、算数はほぼ終わり。

                    あとは復習単元。

                    国語は「歴史的仮名遣い」。

                    今の小学生からカリキュラムに。

                    「は行」が「わ行」くらいは簡単だが。

                    変体がなはスマホではでない。

                    「けふ」が「きょう」くらいはいいが、「てふてふ」が「ちょうちょう」になると難しい。

                    「ぐぁ」が「が」も。


                    昭和天皇は「くぉれより、こっくぁいをくぁいくぁいします(これより、国会を開会します)」のように発音していたが。

                    昭和天皇の時代までは、宮中では、平安時代の発音が残っていたのでしょう。


                    我々には、「歴史的仮名遣い」はなかなか難敵です。

                    が、「日本国憲法」は、「歴史的仮名遣い」が残っている。

                    日本人は、せめて、「日本国憲法」くらいは読めることが大切なんだろう、と思います。

                    中学生はやっと通常授業に完全に復帰しました!

                    2019.11.26 Tuesday

                    0

                      こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎です。

                      今日は、割りと暖かだったですね。


                      昨日の日曜は、中3は「千葉県統一テスト」でした。

                      来週、中学でも、「実力テスト」「評価テスト」があります。

                      同じ範囲の模試を先に受験し、1週間自己採点、復習をするのが、テスト対策の近道なのです。


                      中3は、学校も進度が速くて、理科は「惑星」まで行っているようです。

                      進度塾好学舎は、ようやく「太陽と月」。

                      年間予定通りなので、中学がやけに速い。

                      数学は「円」に入って、中学をやっと一方リード。

                      「円」と「3平方の定理」は、高校入試でもよく出題され、高校数学でも出てくるので、てを抜けない。

                      十分演習が必要な単元です。


                      中1は、数学は「反比例のグラフ」。

                      早野中、長生中はすでに。

                      南中もクラスによって。

                      が、比例定数の「約数」(小5の範囲)で点をとらなくてはならないので、「約数」が理解できていないと難しい。

                      「約数と倍数」は、30年前だと中1で復習したのに今のカリキュラムではない。

                      のに、高校1年で再度出てくる謎のカリキュラム。

                      高校数学まで見通せないと、見逃してしまう。

                      理科は、「音」。

                      難しくはないのだが、「跳ね返った時間で距離を測る」ところが。


                      小6も、算数はほぼ終わり。

                      あとは復習単元。

                      国語は「歴史的仮名遣い」。

                      今の小学生からカリキュラムに。

                      「は行」が「わ行」くらいは簡単だが。

                      変体がなはスマホではでない。

                      「けふ」が「きょう」くらいはいいが、「てふてふ」が「ちょうちょう」になると難しい。

                      「ぐぁ」が「が」も。


                      昭和天皇は「くぉれより、こっくぁいをくぁいくぁいします(これより、国会を開会します)」のように発音していたが。

                      昭和天皇の時代までは、宮中では、平安時代の発音が残っていたのでしょう。


                      我々には、「歴史的仮名遣い」はなかなか難敵です。

                      が、「日本国憲法」は、「歴史的仮名遣い」が残っている。

                      日本人は、せめて、「日本国憲法」くらいは読めることが大切なんだろう、と思います。